パリ在住の中村江里子さんはどんな人?化粧品やファッション、ライフスタイルについてまとめました

最近は日本のテレビにもまた出演されている中村江里子さん。一時帰国中のようですね。何歳になっても変わらない美しさやライフスタイルに関しても調べてみました。

スポンサーリンク

中村江里子さんのプロフィール

1969年生まれで現在47歳

生まれたときからのお嬢様で、ご実家は銀座にある老舗楽器店「十字屋」です。

大学卒業後の1991年にフジテレビのアナウンサーになりますが、1999年に退社し、翌2000年にフランスの実業家シャルル・エドゥアール・バルトさんとご結婚されます。

バルト氏からは数年に渡って猛アタックを受けていたそうで、結婚後はパリに在住、現在小学生と中学生のお子様が3人いらっしゃいます。

旦那さんとは離婚報道なども度々出ていますが、江里子さんのブログを見る限りラブラブなようですね。

とっても小顔でスタイル抜群

元アナウンサーということで、もともとの美しさとさらに努力もされているとは思いますが、ものすごく小顔ですよね。

kogao

出典:公式ブログ

また、オシャレでいつもご自身のスタイルが映える服やアクセサリー、メイクアップを纏っていらっしゃいます。そして美脚

bikyaku

出典:公式ブログ

化粧品を旦那さんが江里子さんのために作ってくれた?

なんとEvidens de Beaute(エヴィドンス ドゥ ボーテ)という化粧品ブランドは旦那様のバルト氏が江里子さんのために作ってくれたものだそうです。

Evidens-de-Beaute

Evidens de BeauteのHP

江里子さんは十分お綺麗ですが、この化粧品と旦那様からの愛で美しさがさらに磨かれていることでしょう。

旦那様がこの化粧品ブランドを作ってくれたことについては、江里子さんがアメブロの公式ブログでも書いています。

スポンサーリンク

ファッションについて

中村江里子さんと言えば、高級ブランドの服を身に着けているイメージがありますが、実際にもともと旦那様がファッション業界とつながりがあったり、江里子さんのお友達がデザイナーだったりする関係で、デザイナーズブランドの服はたくさん持っているようです。

しかしファッションに散財しているというわけではなく、エルメスのバッグやカシミアのニットなど、10年以上も使っていらっしゃるものもたくさんあるそうです。

さすがパリジェンヌという感じですね。(フランス人は10着しか服を持たない、って本があったので・・・。)

エルメスやシャネル、ロエベなど高級ブランドだけではなく、ユニクロやザラのようなブランドも大事に着ているそうですよ。

また、派手なお洋服もお似合いだと思いますが、ご本人は基本的には地味な色がお好きだそうです。しかし、それだと全身真っ黒になってしまうので、バッグや帽子、手袋など小物でアクセントを付けているとか。

ライフスタイルについて

江里子さんの公式ブログからも、お子様3人の良きお母様ぶりが伝わってきます。

パリ在住と聞くと、オシャレで優雅なパリジェンヌという感じがしますが、お料理や掃除洗濯などの家事も楽しくこなし、毎日お子様の送り迎えをして公園で遊んだり、スーパーで買物をしたりしているようです。

日本の学校と違い、送り迎えが必須だったり、兄弟でお下がりの教科書や文房具を使うために修繕が必要だったりするみたいですが、そういうことも江里子さんがこなしているようです。

しかしフランスでの生活は「子供に振り回される」ことはなく、お子様との時間も楽しみ、大人同士での食事会やパーティーなど社交の場も積極的に持っているようですね。そして、お子様が寝た夜の10時以降は旦那様と2人で過ごす時間と決めているそうです。

妻であり、母であり、ご自身の仕事も持ちながら毎日を楽しそうに過ごしている姿には憧れます。

まとめ

  • 中村江里子さんは元アナウンサーで現在はパリ在住
  • ご家族はフランス人の旦那様とお子様3人
  • 旦那様が江里子さんのために化粧品ブランドを作ってくれた
  • とてもオシャレで、高級ブランドもファストファッションブランドも大切に使っている
  • 充実した楽しい人生を送っているご様子

江里子さんは歳を重ねてさらに美しさが増しているような気がするので、ぜひ見習いたいと思います。

スポンサーリンク