銀座ミキモト 2016年のクリスマスツリーはデジタルツリー?限定展示の詳細は?

ミキモトと言えば、真珠。クリスマスと言えば、ミキモトの巨大クリスマスツリー・・・。その象徴的なクリスマスツリーは店舗建て替えのため、2014年で一旦見納めになりましたが、今年はちょっと変わったツリーが見られるようです。

スポンサーリンク

2016年はミキモトとチームラボのコラボレーションによるデジタルツリー

ミキモト銀座2丁目本店のショーウィンドー「Sparkling Dream Tree by teamLab」

インスタジェニックな展示。2度と同じ絵は見られないとか。

「世界中の女性を真珠で飾りたい」というミキモトの創業者・御木本幸吉氏の想いをチームラボが光の珠(たま)で表現した、ひと冬限りの特別なインタラクティブ作品だそうです。

このディスプレイは常にリアルタイムで描かれ続けるので、二度と同じ絵を見ることはできないのだとか。なんだかロマンチックですね。

ウルトラテクノロジスト集団・チームラボ

チームラボと言えば世界中から引っ張りだこのクリエイティブ・ブレイン。正確には「ウルトラテクノロジスト集団」というみたいですね。

最近は自分の書いた絵が動き出すお絵かき水族館や、お台場での迷路のようなインタラクティブ作品など、ドラえもんの世界が現実になったような展示が印象的でした。

有料でしか見られない彼らの作品も多い中、街角の小さなディスプレイですが、ひと冬限りのクリスマスの展示をタダで見られるのは、何だかおとくな感じですね!

東京近郊の方は、銀座の街のイルミネーションも素敵なので是非足を運んでみてください。

スポンサーリンク

ミキモトの過去のクリスマスツリー

ちなみに、これまで銀座通りを彩ってきたミキモトのクリスマスツリーはこんな感じでした。


銀座通りに面した本店のリニューアルオープンは2017年春頃の予定だそうで、2020年の東京オリンピック開催に向けて、海外からのお客様にもグローバルに対応できる旗艦店になるそうです。

ミキモトのパールは世界中の人から愛されているようですね。

ミキモトのパール化粧品に関する記事はこちら

まとめ

  • ミキモトの2016年のクリスマスツリーはチームラボとのコラボ
  • これまでのジャンボ・クリスマスツリーとは違う壮大さ
  • リアルタイムで描かれるツリーなので、2度と同じ絵は見られない

今はインターネットがあればSNSで何でも見られる時代なんですが、この企画を聞いて、本物の真珠を目の前で見たり、インタラクティブアートに触れたりすることは大切だな、改めてと思いました。

スポンサーリンク