女優オードリー・ヘップバーンは人生がオシャレ!名言やファッションの画像まとめ

「オードリー・ヘップバーン」…女優、ファッションアイコンであり、人道支援にも真っ直ぐに取り組んで、人々に愛と希望を与えたオードリー。今もなお彼女の美しさや名言は様々な場所で見る人に幸せを届けています。そのカケラを少しわけてもらいました。

Sponsored Link

オードリー・ヘップバーンのプロフィール

誕生~幼少期
  • 1929年5月4日ベルギーのブリュッセル生まれ、幼少期をベルギー、イギリス、オランダなどで過ごす
  • 5歳頃からバレエを始め、18歳ごろには有名なバレエ教師マリー・ランバートに師事するため単身ロンドンに渡る
舞台女優から映画の主演女優へ
  • ウエストエンドやブロードウェイの舞台に立ち、1953年24歳のときに映画「ローマの休日」でアカデミー主演女優賞を獲得
  • その後も「麗しのサブリナ」「ティファニーで朝食を」「マイ・フェア・レディ」などに出演
  • 映画、舞台の出演を合わせてアカデミー賞やエミー賞、グラミー賞、トニー賞などを受賞
女優からユニセフの活動へ
  • オードリーは20代の半ばからユニセフへの貢献を始め、アフリカや南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身した
  • 1992年にはユニセフ親善大使として、アメリカの民間人が受ける最高の勲章、大統領自由勲章を授与された
  • オードリーはそのおよそ1ヶ月後にスイスの自宅で虫垂癌のため、63歳で人生に幕を閉じた

SNSの中のオードリー:映画の一幕

(  )内は映画公開年

ローマの休日(1953)

麗しのサブリナ(1954)

Sofiaさん(@vintagemovieclub)が投稿した写真

La vie en rose  ラヴィアンローズ…、

これはフランスの言い方で「私はバラ色のメガネで世界を観ている = バラ色の人生」という意味です。

昼下がりの情事(1957)

ティファニーで朝食を(1961)

SNSの中のオードリー:ファッションアイコン

youna kimさん(@pitapats2016)が投稿した写真

SNSの中のオードリー:名言

私が信じるもの

私はピンク色(のパワー)を信じます。

私は、「笑うこと」が最もカロリーを消費すると信じます。

私はキスの力を信じます。私はキスをいっぱいします。

全てのことがもし上手くいかなくても、私は強くあるべきだと信じます。

私は幸せな女の子が最も美しいと信じています。

私は、明日がまた新しい1日の始まりであることと、奇跡の力を信じています。

ーオードリー・ヘップバーン

おまけ:オードリーが愛した詩

一部です。by サム・レヴェンソン

The beauty of a Woman 女性の美しさ

「女性の美しさ」とは纏っている服でも、体型でも、髪をとく仕草でもありません。

「女性の美しさ」とは瞳の中に映るのです。なぜなら、瞳は心へ続く扉であり、愛の宿る場所だからです。

女性の持つ本当の美しさは、その人の心に反映されるのです。

それは人への心のこもった思いやりの気持ち、時として見せる情熱、そして女性の美しさは歳を重ねることによって磨かれていくのです。

Time Tested Beauty Tips 時の試練を経た美しさの秘密 

年をとると、人は自分に2つの手があることに気付きます。

1つは自分自身を助けるため、もう1つは他の人々を助けるために。

まとめ

  • オードリー・ヘップバーンは時を経ても世界中の人から愛されている
  • 何十年経っても通じる美しさや可愛らしさを放っている
  • 女性の美しさは瞳の中に宿る
  • 1つの手は自分のために、もう1つは誰かを助けるためにある

オードリーの美しさと素敵な言葉を胸に、楽しい12月をスタートしたいと思います。

Sponsored Link