エトモ自由が丘にベンズクッキーがオープン!イギリスで人気の味はどれ?

ロンドンのオックスフォードストリートで良いかおりを漂わせているクッキー専門店「Ben’s Cookies」の日本1号店が12月13日にエトモ自由が丘にオープンします。母国イギリスで人気の秘密とクッキーの味についてまとめました。

Sponsored Link

ベンズクッキーがエトモ自由が丘にオープン

12月13日(火)にベンズクッキーが自由が丘駅構内のエトモ自由が丘にオープンします。

日本にベンズクッキーが初上陸したのは今年の4月で、大丸東京店に期間限定のお店が設置されていました。日本の常設店は自由が丘がはじめてです。

ben

店舗のイメージとロゴ

場所:エトモ自由が丘 (東横線・大井町線自由が丘駅の構内)

営業時間:11:00~20:00

イギリス以外にはドバイ、クウェート、サウジアラビア、シンガポール、韓国、アメリカにお店を展開しています。

ベンズクッキーの店舗の外装は赤が基調のところが多いですが、日本は白なんですね。日本の国旗のような色の分量に見えて何だか親近感を覚えます。

お隣の韓国にはもう3店舗オープンしています。大人気ですね。

ベンズクッキーとは?人気の秘密は?
  • 1983年にイギリスのオックスフォードで創業したクッキー専門店
  • 着色料や保存料、添加物を使わず、食材にこだわっている
  • クッキーは店舗内で1枚1枚手作りで焼き上げるスタイル
  • しっとりとした食感で、お土産としても人気

ベンズクッキーは食材にも作り方にもこだわっているので、食べるととてもあたたかい気持ちになります。持ち帰り用の箱も可愛いので、家族や友人へのお土産としてもこれから人気が出そうですね。

Sponsored Link

ベンズクッキーの人気の味は?

日本の店舗で販売予定のクッキーは16種類

日本で販売予定のクッキーは全16種類で1枚270円(税別)です。

上の写真はイギリスで販売されているクッキーです。日本で販売される16種類のクッキーの詳細はまだ発表されていないようですが、日本限定の味も登場するかもしれませんね。

日本の店舗もイギリスや他の国と同様にお店に専用の厨房があるので、できたての手作りクッキー食べることが出来ます。

イギリスで人気の味はこれ!

ダークチョコレートクッキー

dark

ホワイトチョコレート&マカダミアナッツクッキー

white

ミルクチョコレートクッキー

milk

イギリスでも売られている定番の味も全部制覇したいです!

ベンズクッキーは中がし~っとりしています。

結構サイズが大きいですが、日本でも同じ大きさなのか気になります。

オープンキャンペーン

オープン初日の12月13日に税抜きで4,000円以上購入すると、ベンズクッキーのオリジナルマグカップがもらえるそうです(数量限定)。

まとめ

  • イギリス発の手作りクッキーが日本1号店がエトモ自由が丘に12月13日にオープン
  • お店で焼いたばかりのクッキーはしっとりした食感で、着色料や保存料、添加物は使われていない
  • 日本のお店では全16種類のクッキーが1個270円で販売される予定

ベンズクッキーが日本でも食べられるのはとても嬉しいです。どんな味が登場するのか楽しみですね。

Sponsored Link