ミラ・ジョヴォヴィッチ娘の名前や年齢は?映画バイオハザードで共演

12月23日から公開が始まる映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」のプロモーションで、女優のミラ・ジョヴォヴィッチが来日していますね。モデルのローラさんの役柄も気になりますが、今回はミラの娘についてまとめました。

Sponsored Link

ミラ・ジョヴォヴィッチの娘について

ミラは1975年12月17日生まれ、もうすぐ41歳です。当時のソビエト連邦キエフ生まれで、5歳の時にアメリカに移住し、11歳でモデルのキャリアをスタートさせました。

娘の写真

映画のインタビューのときは無邪気で幼い感じだったので、ミラにあまり似ていないと思いましたが、無表情のときはミラと似ているものを感じるような…。

名前

  • Ever Gabo Jovovich Anderson (エヴァー・ガボ・ジョヴォヴィッチ・アンダーソン)

エヴァーちゃんは、ミラが2009年に結婚した3度目の夫ポール・アンダーソン監督との間にできたお子様です。

ミラが主演、アンダーソン氏が監督を務めた映画、2002年の映画「バイオハザード(Resident Evil)」で2人は出会っています。

ちなみに、ミラは1992年、16歳の時に俳優のショーン・アンドリュースと結婚しますが、2ヶ月後に母親によって婚姻は取り消され、その後1997年に映画監督のリュック・ベンソン監督と再婚しますが1999年に離婚しています。

来日中に東京のお寿司屋さんでポーズを決めるミラとアンダーソン監督。お寿司屋さんの人も気になりますが、アンダーソン監督優しそうですね。

年齢

  • エヴァーちゃんは2007年11月3日生まれ、2016年の誕生日で9歳になりました。

エヴァーちゃんには2015年4月1日に生まれた妹 Dashiel(ダッシェル)ちゃん↓がいます。

ダッシェルちゃんは今1歳半くらいですね。目の色はミラもエヴァーちゃんもダッシェルちゃんも似ていますね。

Sponsored Link

バイオハザードでの役柄は?

エヴァーちゃんはAI?

ミラの長女、エヴァーちゃんは「レッドクイーン」、物語のカギを握る重要な役を務めています。

このレッドクイーンはなんと人間ではなくAI(人工知能)で、ミラ演じるアリスの宿敵アンブレラ社によって作られたのですが、果たしてレッドクイーンはアリスの敵なのか、味方なのか…?人工知能を演じるエヴァーちゃんの演技力にも注目が集まりそうですね!

ところで、現在9歳のエヴァーちゃんはこれまでも芸能活動をしてきたのでしょうか?

エヴァーちゃんの芸能歴

IMDbによると、今回のバイオハザードがエヴァーちゃんの女優として役を務めた初めての仕事のようです。初めての役にしては難易度がかなり高そうですが、女優と監督の間に生まれ育ったので才能もありそうですね。映画が公開されるのが楽しみです。

エヴァーちゃんは母親のミラがモデルとしても活躍しているので、ファッション誌には親子で登場したことはあるようですね。

こちらは、Vs. Magazine 2016秋冬版の表紙です。

大人っぽいですが、眉毛が薄いのが可愛らしいですね。ミラもとっても綺麗です。かっこいいお母さんですよね!

まとめ

  • ミラ・ジョヴォヴィッチの長女の名前はエヴァーちゃん
  • 現在9歳で、バイオハザードで女優デビュー
  • 映画の中ではキーパーソンの役割を演じている

まだ9歳のエヴァーちゃん、まわりからの期待も高いと思いますが、これからの成長が楽しみですね!

Sponsored Link