東京でデヴィッド・ボウイ展が開催!映画は全国で限定上映?期間や場所は?

デヴィッド・ボウイの故郷イギリスで開催されていた回顧展「DAVID BOWIE is」がついに東京に巡回してきます。また、デヴィッド・ボウイの映画も全国で限定公開されるので詳細についてまとめました。

スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」

アジアで開催されるのは日本が初

イギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で2013年3月に始まったデヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」が、世界各国を巡回してついに日本にやってきます。

この回顧展では、デヴィッド・ボウイの過去の作品や衣装、資料などが見られるだけではなく、会場を訪れることでデヴィッド・ボウイの世界観も感じることが出来るようになっています。

これまでロンドン、トロント、サンパウロ、ベルリン、シカゴ、パリ、メルボルン、フローニンゲン、ボローニャ…と来て、東京でアジアに初上陸します。

ロンドンでは計150万人以上が来場して、V&Aの164年の歴史上で最も多い動員数を記録したそうです。

日本でも日時指定の前売りチケットが販売されていて、多くの人が来場しそうですね。

開催場所

  • 寺田倉庫G1ビル (天王州)

りんかい線「天王洲アイル駅」から徒歩4分 /  東京モノレール「天王洲アイル駅」から徒歩5分

住所:東京都品川区東品川二丁目6 番10 号

開催期間

  • 2017年1月8日(日)~4月9日(日)

休館日は毎週月曜日 ( 1/9、3/20、3/27、4/3は開館 )

営業時間

  • 10:00~20:00 (金曜日は21:00)

入場時間は閉館1時間前まで

入場料

  • 一般:2,400円
  • 中高生:1,200円

前売りチケットは上記の料金より-200円で、小学生以下は無料。

※DAVID BOWIE isの回顧展では、日時指定の前売りチケットが販売されており、当日券は入場枠に残数がある場合のみの販売になるそうです。

すでに前売券の販売は始まっています→公式ウェブサイト

前売券は日時指定で販売されているので、早めに購入したほうが良さそうですね。

会場では、オフィシャルストアでトートバッグやTシャツ、マグカップなどのグッズの販売も行われます。

スポンサーリンク

ドキュメンタリー映画は全国で限定上映

東京でDAVID BOWIE is大回顧展が始まる1月8日にさきがけて、1月7日(土)より期間限定でドキュメンタリー映画「DAVID BOWIE is」が全国の映画館で上映されます。

この映画は、DAVID BOWIE is大回顧展の様子を収めたドキュメンタリー映画で、展示物の解説もされているので、実際の展示と併せて見ると、DAVID BOWIE isをより深く理解して楽しめるようになっています。

すでに上映が決まっている映画館は、公開日順に東京・北海道・宮城・埼玉・大阪・愛知・福岡・愛媛・高知にあります。

上映される映画館の詳細や公開期間についてはCulture-Villeのウェブサイトでご確認ください。

Culture-Ville 劇場公開情報

デヴィッド・ボウイが主演を務めた映画も再上映

地球に落ちてきた男

ちょうど日本でDAVID BOWIE isが開催されるのは、デヴィッド・ボウイの誕生日(1月8日)と一周忌(1月10日)にかぶっているので、この期間にはデヴィッド・ボウイが主演を務めた1976年の映画「地球に落ちてきた男」も全国で再上映されます。

公開は1月7日(土)からで、期間は映画館によりますが1週間程度です。

この映画はSF小説が原作で、デヴィッド・ボウイが主演の宇宙人を演じています。デヴィッドももちろん美形ですが、映像も綺麗で素敵ですね。

再上映される予定の映画館は以下の都道府県にあります。

  • 関東地方…東京、栃木、群馬、神奈川
  • 中部・北陸地方…新潟、長野、静岡、石川、愛知
  • 近畿地方…京都、大阪、兵庫
  • 中国・四国…広島、愛媛
  • 九州・沖縄…佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

詳しい場所や公開期間に関しては公式ウェブサイトでご確認ください。

都内では無料の写真展も開催

さらに東京都内の3ヶ所では、有名写真家によるデヴィッド・ボウイの写真展「 BOWIE : FACES 展」も入場無料で開催されます。

BOWIE:FACESの公式ウェブサイト

この写真展が行われるのは以下の場所・日程です。

  • 代官山 蔦屋書店 2017年1月6日(金)〜2月7日(火)   詳細
  • 六本木 アクシスギャラリー・シンポジア 2017年2月10日(金)〜11日(土) 詳細
  • 目黒 ブリッツ・ギャラリー 2017年2月17日(金)〜4月2日(日) 詳細

まさに2017年の日本はデヴィッド・ボウイ尽くしの幕開けになるようですが、世界中でこれだけ多くの人々から愛されているデヴィッド・ボウイは本当にすごいですね。

まとめ

  • DAVID BOWIE is大回顧展がついに日本上陸
  • V&Aでは史上最高の150万人を動員
  • 併せてドキュメンタリー映画も公開される
  • デヴィッド・ボウイの主演映画も全国で追悼再上映される
  • デヴィッド・ボウイを撮った写真展も都内で開催される

デヴィッド・ボウイの誕生日や一周忌が同じ時期にあったので、イベントが盛り沢山ですね。DAVID BOWIE is展は東京に住んでいなくてもぜひ行ってみたいです。

スポンサーリンク