アシュトンがSAGアワードで抗議!妻ミラ・クニスも移民?出身はどこ?

SAGアワード(全米映画俳優組合賞)でオープニング・スピーチを務めた俳優のアシュトン・カッチャー。妻ミラもアメリカに移民してきたこともあり、トランプ大統領の移民政策にとても怒っているようです。

スポンサーリンク

アシュトン・カッチャーがSAGアワードで抗議!

トランプ大統領の移民政策

トランプ大統領の移民政策によって難民の入国が停止され、中東やアフリカの一部の国の人が入国できなくなっているアメリカ。

各地の空港ではデモ活動が行われています。

ニューヨークのJFK空港のデモ

オープニング・スピーチで抗議

1月29日に米国で行われたSAGアワードの授賞式。

オープニング・スピーチをしたアシュトンは「空港にいる人もアメリカの一員」と呼びかけました。

会場の皆様、ご自宅で見ている皆様、こんばんは。

空港にいる、私のアメリカの一員である皆様、あなた達はアメリカ社会の一部です。

私たちはあなた達が大好きで、この国に歓迎します。

このスピーチで幕を開けたSAGアワードは、他のセレブたちも受賞スピーチやインタビューでトランプ大統領の政策に反対する人が目立ちました。

難民歓迎

メリル・ストリープ主演の映画「マダム・フローレンス」に出演していたサイモン・ヘルバークは「難民歓迎」の紙を持ち、女優の妻ジョスリン・タウンのデコルテには「彼らを入れてあげて」と書かれています。

ジョスリンが結構大胆なドレスを着ているのにも気付かないほど、メッセージに目が行ってしまいますね。

こちらも素敵なご夫婦です。

スポンサーリンク

妻ミラ・クニスも移民?出身は?

アシュトン・カッチャーと2014年に婚約し、2015年に結婚した女優のミラ・クニス。

2人の間には、子供も2人生まれています。

ミラは1983年生まれで、旧ソビエト連邦ウクライナの出身です。

そして、7歳だった1991年に家族とともにロサンゼルスに移住、その後演技のレッスンを受け始めると、9歳の時にスカウトされて女優の道を歩み始めたそうです。

アシュトンは、トランプ大統領が入国規制の大統領令を出した後に

僕の妻は冷戦の最中に、難民ビザで米国に来た。

今、とても怒っている!

と書き込んでいます。

他にも、トランプ大統領に対する批判や自分の意見などをSNSに投稿しているアシュトン。

有名人だからこそ、その声がより多くの人に届くので、権力に負けずにこれからも正しいと思うことを伝えて欲しいですね。

まとめ

  • 俳優のアシュトン・カッチャーが、SAGのオープニングで入国規制に抗議
  • アシュトンの妻ミラ・クニスは、ウクライナ出身、難民ビザでアメリカに移住
  • アシュトンはトランプ大統領の政策にとても怒っている

サイモン・ヘルバーク夫妻の、静かな反論も印象的でした。

スポンサーリンク