オースティン・マホーン『Dirty Work』のMVが面白い?意味や内容は?

ブレイク中の芸人ブルゾンちえみさんがネタで使用したことにより、日本でちょっとしたブームになっているアメリカ人歌手オースティン・マホーンの『Dirty Work』MVがとても面白いので、意味や内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

オースティン・マホーン『Dirty Work』のMVが面白い

Dirty Work (ダーティ・ワーク)が日本で大人気に?

2015年にリリースされたDirty Workですが、ブルゾンちえみさんのツイートによると2017年2月13日には日本のiTunesのランキングで18位、16日には11位にランクインしています。

これには曲をリリースしたオースティンも大喜び!

ツイッターで…

やあ、ブルゾンちえみさん、元気?

Dirty Workが日本のiTunesにランクインしたんだって!?

信じられない!クレイジーだ!

サポートありがとう!!!

と、興奮気味にツイート。

ブルゾンちえみさんも返信しています。

オースティン、こんにちは。

こちらこそ、ありがとう!

あなたの曲『Dirty Work』のおかげで、私のネタは超人気になったわ!

あなたの音楽が大好き!

素敵なやりとりですね。

ちなみに、ブルゾンちえみさんのネタはこちらです。

ブルゾンちえみ With”B”「キャリア・ウーマン」

何となく、このキャリアウーマンから曲の内容は想像できますが、オースティンのMVも面白いです。

「こんな会社あったらとっくに潰れていそうだな」と思ってしまいます…。

『Dirty Work』MVの意味や内容は?

まず、歌詞の意味「Dirty Work」は、直訳で「汚い仕事 (違法な仕事や低賃金・長時間仕事など倫理的に問題のある仕事など)」、他にDirtyは「いやらしい」という意味もあり、このMVではそっちの意味合いのほうが強く見えますね。

このMVでちょっと気になるのが、歌詞に入る前のやり取りです。

どんなことが起きているかというと…

  • 会社で、社員それぞれが超暇そうにしている。

セルフィーを撮っている人や、ハサミで遊んでいる人、爪を整えてる人、寝ている人、ガムで遊んでいる人…時間は夜7時半のようです。

ハサミで遊んでいる人
  • 暇そうにしていたオースティンにボスから内線で電話が。

ボス「今すぐに私のオフィスに来てくれ。」

暇そうにしているオースティン
  • 上司のオフィスに向かうオースティン。

ボス「オースティン、入って。私の格好はどうだ?」

オースティンのボス

オースティン「とてもカッコイイです」

ボス「聞いてくれ。今夜、大事なデートなんだ。フォォー!」

「そこで、君に良いニュースがある。今夜は徹夜仕事で、君がその担当者だ。明日の朝6時に私のデスクに報告書(Dirty Work)を出してくれ。」

「そして、彼女が新しい社員だ。彼女に社内を案内してあげてくれないか。」

セクシーな女性

ーimages : YouTube AustinMVEVO

・・・ここから曲が始まります。

曲の歌詞は、スタジオウェブリさんが「真面目」「エロティック」の2種類で和訳を紹介している記事が面白いので、是非チェックしてみてください。

関連記事オースティン・マホーン、昔の写真や動画は?祖母への曲が感動的

スポンサーリンク

オースティン・マホーンのプロフィール

  • 名前:オースティン・マホーン (Austin Mahone)
  • 生年月日 / 年齢:1996年4月4日 / 20歳
  • 出身地:米国テキサス州
  • 身長:180cm

オースティンが音楽と出会ったのは、6歳のときに地元の楽器店でドラムセットに心を奪われてから。

その年のクリスマスプレゼントにドラムセットをもらったオースティンは、音楽に打ち込み、ピアノやギターの技術も習得。

2010年、14歳のときにYouTubeに音楽をアップし始め、2011年頃からファンが集まり始めます。

どうやってファンを獲得して、有名になったかというと…

ビルボード(チャート)とかiTunesのトップ10をチェックして、流行りの曲を探すんだ。

そして、その曲の自分のバージョンを録音するんだよ。

そうやって、僕はネット上でみんなに知られるようになったってわけ。

ーSource : ユニバーサルミュージック

これは16歳の時の発言だそうですが、マーケティングや自分のブランディング能力がすごすぎますね。

自分が10代だったら、流行ってなくても好きなアーティストの曲を真似して演奏したりしちゃそうです…。

そんなこんなで、オースティンはYouTubeやFacebook、Twitterなどでファンを集めて有名になり、2012年にレコード会社と契約してデビュー。

日本ではユニバーサル・ミュージック・ジャパンと契約していて、日本のファンクラブ日本版公式ツイッターもあります。

ブルゾンちえみさん、オースティン・マホーンともに知名度がアップしたので、これからもっと人気になりそうですね。

オースティンがまだ20歳というのにも驚きです。

19歳の時に『Dirty Work』リリースしてるって色々すごいですね…。

まとめ

  • ブルゾンちえみさんがネタに使った曲『Dirty Work』の日本での人気が急上昇
  • 曲の内容は、結構大人な感じだけど、MVが面白い
  • 『Dirty Work』を歌ったオースティン・マホーンはネットから有名になった

ピコ太郎さんもそうですが、ネットは怖いこともあるけど、いろいろな可能性が広がるツールにもなってすごいですね。

スポンサーリンク