俳優リカルド・トレパはオリヴェイラ監督の孫?出演作やプロフィールは?

日テレ『アナザースカイ』で、俳優の柄本佑さんが対談したポルトガル人俳優のリカルド・トレパ。柄本さんが敬愛する巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督のお孫さんだそうですが、出演作やプロフィールなど気になることについてまとめました。

Sponsored Link

ポルトガル人俳優リカルド・トレパについて

リカルド・トレパのプロフィール

  • 名前:リカルド・トレパ (Ricardo Trêpa)
  • 生年月日 / 年齢:1972年10月28日 / 44歳
  • 出身地:ポルトガル・ポルト
  • 身長:185cm

リカルドの母方の祖父が映画監督のマノエル・ド・オリヴェイラ監督で、弟のジョルジも俳優です。

リカルドは、女優のCláudia Jacquesさんと2010年に結婚していますが、2011年に離婚。

その後は共演した女優さんなどと色々噂があるようです。

写真によってはトム・クルーズorベッカム風のイケメンですね。

ジムでトレーニングしたり、ボクシングしたりして体を鍛えているようで、インスタグラムにヤマハのバイクもよく登場しています。

とてもアクティブな俳優さんのようですね。

祖父はマノエル・ド・オリヴェイラ監督

祖父が有名な映画監督だったリカルドと弟のジョルジは、小さい頃から俳優になるのを夢見ていたようです。

(恐らくツテもあったのだろうと思いますが) 2人はポルトガルのテレビドラマに子役として出演したり、プロデューサーや監督から演技のトレーニングも受けたりしていたそうです。

オリヴェイラ監督の帽子を食べるリカルド

オリヴェイラ監督は、2015年に106歳で亡くなっていますが、105歳で監督作品をベネチア映画祭に出品するなど、現役最高齢の監督として活躍しました。

100歳を超えても映画監督をしていたのは、すごすぎますね。

80歳でもすごいと思います…。

Sponsored Link

リカルド・トレパの出演作は?

リカルドは1990年頃からオリヴィエイラ監督の映画に出演し始めます。

役名の無い小さい役もあったようですが、1990年公開の『’Non’, ou A Vã Glória de Mandar』から、テレビドラマにも出演しつつ、オリヴェイラ監督の映画作品に出ています。

そして、2007年『コロンブス永遠の海』、2009年の『ブロンド少女は過激に美しく』ではメインの役を演じています。

コロンブス永遠の海

『コロンブス 永遠の海』には、リカルドだけでなく、オリヴェイラ監督本人や妻マリア・イザベルさんも出演しています。

この映画の撮影時にオリヴェイラ監督は100歳を迎えたそうです…。

真似したくても、真似できるキャリアではないですね。

そして、監督亡き後、リカルドがどうしているかというと…ちゃんとポルトガルのドラマやショーなどで役を得ています。

最近の出演作は2015年から放送のドラマ『A Única Mulher (The Only Woman) 』や2016年のクリスマスシーズンに公演されたミュージカル&アイスショー『A Bela e o Monstro no Gelo (The Beauty and the Monster on Ice)』。

『A Bela e o Monstro no Gelo』でリカルドはモンスターの役でした。

もはや誰だかわからないですね。

子どもたちには大人気だったことでしょう。

今後国際的な映画に出ることがあるかはわかりませんが、活躍を期待していたいと思います。

アナザースカイで対談した柄本佑とリカルド・トレパ

やっぱりトム・クルーズの方が似て見えますね?

まとめ

  • リカルド・トレパの祖父は巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督
  • リカルドはオリヴェイラ監督の映画にたくさん出演した
  • 現在もポルトガルのドラマや映画、ショーなどで活躍中

『祖父の七光』と呼ばれているかはわかりませんが、今後も色んな作品に出られるといいですね。

Sponsored Link