アカデミー賞映画ライオンは実話?主人公はスラムドッグのデヴ・パテル

アカデミー賞で6部門にノミネートされて話題を呼んでいる映画『ライオン』。実話をもとにした映画の内容や主人公サルーを演じている俳優デヴ・パテルについてまとめました。

Sponsored Link

アカデミー賞映画『ライオン』は実話?

『LION / ライオン ~25年目のただいま~』

原作の本

映画『LION / ライオン ~25年目のただいま~』は、インド生まれのサルー・ブライアリーのノンフィクション本『25年目の「ただいま」』が原作。

あらすじ

インドで生まれ、貧しい生活を送っていたサルー。

1986年、5歳のサルーは兄について近くの駅に出かけました。

しかし、停まっていた電車の中で眠ってしまったサルーは兄とはぐれ、遠い街に運ばれてしまいます。

迷子になったサルーは必死に家族の元へ帰ろうとしますが叶わず、オーストラリア人夫婦に引き取られることに。

時は流れ、オーストラリアの大学で学んでいたサルーは、友人たちに自分が養子であることを打ち明けると『グーグルアース』を使ってインドの生まれ故郷を探すことを勧められます。

そして、グーグルアースを使ってインドの故郷を探し始めたサルー。

なかなか収穫はありませんでしたが、迷子になってから25年後、2011年のある夜にグーグルアースで見覚えのある場所を見つけます。

ついに自分の故郷を突き止め、家族の元へ向かったサルーを待っていた現実とは…。

予告動画

映画の名前がなぜ『ライオン』なのか気になりますが、生まれ故郷を突き止め、映画の終盤で『ライオン』の意味がわかります。

日本での映画の公開は2017年4月7日(金)の予定です。

原作本の著者で、この壮大な物語を実際に経験したサルー・ブライアリーさん。

LION MOVIEさん(@lionmov)がシェアした投稿

現在もオーストラリアに住んでいるそうです。

アカデミー賞で6部門にノミネート

映画『ライオン』はアカデミー賞で6部門にノミネート。

  • 作品賞
  • 助演男優賞…デヴ・パテル (青年期のサルー)
  • 助演女優賞…ニコール・キッドマン (サルーの養母)
  • 脚色賞
  • 撮影賞
  • 作曲賞

2月26日の授賞式で結果が発表されます。

デヴ・パテルはすでに、オーストラリア映画協会賞、英国アカデミー賞などで助演男優賞を受賞しています。

サルーの子供時代を演じたサニー・パワールくんも注目を浴びました。

LION MOVIEさん(@lionmov)がシェアした投稿

現在8歳のサニーくん。

インド出身のサニーくんは、オーディションを勝ち上がって、子供時代のサルー役に選ばれました。

英語はほとんど話せないようですが、愛嬌があってインタビューなどでもとても可愛い姿を見せてくれています。

Sponsored Link

主人公サルー役は俳優デヴ・パテル

スラムドッグ$ミリオネアで主演

映画『ライオン』で青年期のサルーを演じているのはデヴ・パテル。

2008年の映画『スラムドッグ$ミリオネア』で、主役のジャマール・マリクを演じて一躍有名になりました。

デヴ・パテルは、スラムドッグに出演後も俳優として活躍し、映画『エアベンダー』『マリーゴールド・ホテル』シリーズ、『チャッピー』『奇蹟がくれた数式』などで主演やメインキャラクターの1人を演じています。

デヴ・パテルのプロフィール

  • 名前:デヴ・パテル (Dev Patel)
  • 生年月日 / 年齢:1990年4月23日 / 26歳
  • 出身地:英国ロンドン
  • 身長:187cm

デヴはケニア出身のインド系の両親のもとにロンドンで生まれ、イギリスのテレビドラマ「スキンズ」で2007年に俳優デビュー。

LION MOVIEさん(@lionmov)がシェアした投稿


スラムドッグの時から比べたら、かなり大人になったなぁという印象でしたが、まだ20代半ばだったんですね。

デヴは、スラムドッグで共演したフリーダ・ピントーと撮影をきっかけに交際していましたが、約6年の交際の後、2014年に破局。

しかし、2人は現在も良い関係を保っているようです。

デヴの現在の私生活については謎に包まれていますが、俳優としての活躍にこれからも期待したいと思います。

まとめ

  • 映画『ライオン』は、実話をもとにした感動のストーリー
  • アカデミー賞では、6部門にノミネートされている
  • 主人公サルーの青年期を演じたのは、スラムドッグの役でも有名な俳優のデヴ・パテル

サルーの子供時代を演じたサニーくんが可愛すぎました。

Sponsored Link