映画アサシンクリードのマリア役はアリアーヌ・ラベド!美人女優のプロフィール

日本で公開中の映画『アサシンクリード』でマリアを演じている女優アリアーヌ・ラベド美人でミステリアスなアリアーヌのプロフィールについてまとめました。

Sponsored Link

映画『アサシンクリード』のマリア役

アサシンクリードでマリア役を演じるアリアーヌ・ラベド。

マリアはアサシン教団でアギラール(マイケル・ファスベンダー)とともに『エデンの果実』を奪うべく、戦うアサシン。

とても勇敢で、使命に忠実な役柄です。

映画の中で、美人なだけでなく、アクションも格好良かったマリア役のアリアーヌですが、どんな女優さんなのでしょうか。

Sponsored Link

美人女優アリアーヌ・ラベドはどんな人?

プロフィール

  • 名前:アリアーヌ・ラベド
  • 生年月日 / 年齢:1984年5月8日 / 32歳
  • 出身地:ギリシャ・アテネ
  • 身長:171cm

ギリシャのアテネでフランス人の両親のもとに生まれたアリアーヌはギリシャ、ドイツ、フランスなどで育ちます。

1990~2000年頃まで、約10年クラシックダンスを習っていたアリアーヌ。

プロバンス大学では演技を学び、卒業後はギリシャで劇団『Vasistas Theatre Company』の立ち上げにも関わって、そこで舞台にも立つようになります。

過去の出演作

ギリシャで過ごしていたアリアーヌの運命を変えたのは、アティナ・ラシェル・ツァンガリ監督の2010年のギリシャ映画『Attenberg』への出演。

この映画で主演を演じたアリアーヌは、3つの映画祭で主演女優賞を受賞。

そして翌年には、『Attenberg』で共演し、プロデュースにも関わっていたギリシャ人のヨルゴス・ランティモス監督の映画『Alps』に主演。

アリアーヌはこのランティモス監督と後に結婚していて、同じ作品に関わることもしばしばです。

2010年の映画デビューから毎年のように映画に出演しているアリアーヌは、語学力を活かしてギリシャ語、フランス語、英語の作品に出演。

代表的な出演作は

  • 2013年アメリカ映画『ビフォア・ミッドナイト』
  • 2014年フランス映画『フィデリオ、あるいはアリスのオデッセイ』(主演)
  • 2015年の多国籍(英語)映画『ロブスター』(監督は夫のヨルゴス・ランティモス)

などがあります。

もちろんアサシンクリードもアリアーヌの代表作です。

映画『ロブスター』のコリン・ファレル、ヨルゴス・ランティモス監督、アリアーヌ・ラベド(右上)。

映画での活躍が多いアリアーヌですが、英ドラマ『Black Mirror』では2016年放送のシーズン3・第5話『Men Against Fire』に登場しています。

ダンスを長く習っていたことや色んな言語が話せるというのは、女優としてすごい武器ですね。

さらに夫のランティモス監督も国際的に高く評価されているので、今後も夫婦の活躍に期待できそうです。

まとめ

  • 映画『アサシンクリード』のマリア役はアリアーヌ・ラベド
  • アリアーヌはギリシャ出身でヨーロッパ育ち、ダンスを長く習っていた
  • ギリシャ語・英語・フランス語などの映画に多く出演している

アリアーヌは知的でミステリアスな感じのする、とても美人な女優さんですね。

Sponsored Link