マラヴィータの息子ウォレン役、ジョン・ディレオはどんな俳優?

リュック・ベッソン監督の2013年の映画『マラヴィータ』。主演ロバート・デ・ニーロの息子ウォレン役の俳優ジョン・ディレオについてプロフィールや画像をまとめました。

スポンサーリンク

映画『マラヴィータ』の息子ウォレン役

リュック・ベッソン監督の2013年公開の映画『マラヴィータ』。

ロバート・デ・ニーロ演じる主役のフレッド・ブレイク(ジョヴァンニ・マンゾーニ)と家族がフランスのノルマンディーで繰り広げる物語です。

マフィア一家の息子ウォレン・ブレイクを演じているのは、俳優のジョン・ディレオ。

まだ結構若そうな俳優さんですが、どんな人なのでしょうか。

スポンサーリンク

ジョン・ディレオはどんな俳優?

プロフィール

  • 名前:ジョン・ディレオ(John D’Leo)
  • 生年月日 / 年齢:1995年7月8日 / 21歳
  • 出身地:米国ニュージャージー州

*日本語の表記は、『ジョン・デレオ』『ジョン・レオ』などもあり。

俳優のジョン・ディレオ

イタリアやアイリッシュ系の祖先がいるジョンは、ニュージャージー州生まれ&育ちのイタリア系アメリカ人で、兄弟は兄が2人。

趣味は、カメラや脚本作りだそう。

ジョンは映画製作にも興味があり、役を演じていないときには舞台裏で撮影現場を研究しているそうです。

出演作

俳優としてのデビューは、2007年に出演したドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』。

他にも端役で『ガイディング・ライト』や『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』などのドラマに出演。

映画は『マラヴィータ』以外に、2008年の『レスラー』、2014年の『不屈の男 アンブロークン』、他にクレジット無しでいくつかの作品に出ています。

最近では、2015年の映画『Jack of the Red Hearts』にダッドリー役で出演。

まだ21歳なので、これから俳優や制作者としても活躍しそうで楽しみですね。

まとめ

  • 映画『マラヴィータ』息子ウォレン役は俳優のジョン・ディレオ
  • まだ21歳だが、俳優デビューは10年前の2007年
  • ドラマや映画に出演する他、映画製作にも興味を持っている

すでに俳優歴10年で、将来いろいろな選択肢があって楽しそうですね。

スポンサーリンク