美女と野獣のガストン役、俳優のルーク・エヴァンスが面白い!恋人とは破局?

実写版ディズニー映画『美女と野獣』でガストン役を演じている俳優のルーク・エヴァンス。エイプリルフールネタで”面白いガストン“のイメージも増しましたが、ルークも普段から楽しい人のようです。

Sponsored Link

実写版ディズニー映画『美女と野獣』のガストン役

俳優のルーク・エヴァンス

『美女と野獣』のガストンは、イケメンだけどうぬぼれ屋で、短気な男。

嫌な奴…だけど、完全な嫌われ者ではなく、キラースマイルとリーゼント風な髪型、セクシーなところも気になるキャラクター…。


ガストンを演じている俳優のルーク・エヴァンスも、笑顔が素敵なイケメンです。

ルーク・エヴァンスのプロフィール

  • 名前:ルーク・エヴァンス(Luke Evans)
  • 生年月日 / 年齢:1979年4月15日 / 37歳
  • 出身地:イギリス・ウェールズ
  • 身長:183cm

ルークは、ウェールズの小さな街で母イボンヌさんと父デイヴィッドさんのもとに生まれます。

ルークが生まれた時、両親はまだ19歳と23歳だったそうです。

幼いころのルーク・エヴァンス

1人っ子のルークは幼い頃から歌うことが大好きで、いつも歌を歌い、俳優になる夢も持っていました。

そして、ウェールズの小さな街で育ったルークは16歳で学校を離れ、ウェールズの首都カーディフへ。

カーディフでは服屋の靴部門で働き、毎週15ポンド(約2,000円)を歌や演技のレッスンのために使って、俳優になる修行をします。

(※ル・フウが空腹なので、ピザを配るガストンの図らしい)

ルークが17歳のときには、コーチの勧めでロンドン・スタジオ・センターのオーディションを受け、見事合格。

奨学金を得て、歌やダンス、演劇などを3年間学び、2000年に卒業します。

その後、ロンドンのウエストエンドの劇場で、『レント』や『ミス・サイゴン』などの公演をし、2009年からは映画俳優としても活躍。

2010年の映画『タイタンの戦い』でアポロを演じて注目され、他にも『ドラキュラZERO』の主人公や『ホビット』シリーズにも登場して人気に。

ホビットのルーク・エヴァンス

ルークがイケメンでセクシーな俳優だというのはわかったのですが、面白い側面もあるようなので、ルークのインスタグラムから画像を集めてみました。

Sponsored Link

ルーク・エヴァンスは面白い?

ルークは僕が面白く見えるのは、ル・フウのジョシュ・ギャッドがいるからだと言っていますが、ル・フウがいなくても面白いです。

【おまけ】ジェームズ・コーデンのトーク番組

恋人とは破局?好きな人は…

2002年からゲイであることをオープンにしているルークですが、2014年に交際が報じられていたスペイン人モデルのジョン・コルタジャレナとは2016年10月までに破局した模様。

インタビューで『現在はフリー』だと認めました。

※追記:2017年4月18日に米メディアで2人がヨリを戻したかも?という報道がされています。

ジョン・コルタジャレナ

私生活のことは、あまり語りたくないそうですが、ルークには大好きな人が…。

日曜日の朝にママとフェイスタイムをしながら、ルークが歌っているのはアデルの曲。(0:50頃から)

ルークはアデルの大ファンだそうです。

この日は残念ながら本物のアデルは登場しませんでしたが、いつか会えるといいですね。

まとめ

  • 映画『美女と野獣』のガストン役、ルーク・エヴァンスが面白い
  • ルークはウェールズ出身で、舞台俳優としてウエストエンドで活躍
  • 現在はハリウッド映画にも多数登場している

ジョシュ・ギャッドとルーク・エヴァンスは面白いコンビですね。

Sponsored Link