映画『カフェ・ソサエティ』30年代の衣装がオシャレ&可愛い!!

ウディ・アレン監督&脚本の映画「カフェ・ソサエティ」。物語の内容も気になりますが…1930年代の衣装や舞台セットがとてもオシャレで素敵です!メインキャストのクリステン・スチュワート&ブレイク・ライブリーの画像を中心にまとめました。

Sponsored Link

映画『カフェ・ソサエティ』舞台は1930年代

物語のあらすじ&予告動画

あらすじ…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。

漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。

時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。

映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ”愛称ヴォニー”の美しさに心を奪われる。

ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。

ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。

ー引用元:映画『カフェ・ソサエティ』公式サイト

予告動画…

ハリウッド黄金期』の時代を描いているので、衣装だけでなく、舞台セットや雰囲気も豪華で素敵です。

メインキャストも豪華

ウディ・アレン監督&脚本の映画『カフェ・ソサエティ』でメインの登場人物を演じているのは…

  • ボビー役:ジェシー・アイゼンバーグ
  • ヴォニー役:クリステン・スチュワート
  • ヴェロニカ役:ブレイク・ライブリー

クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーが同じ映画に出ているなんて豪華ですね。

Sponsored Link

衣装がオシャレ&可愛い!

1930年代が舞台の映画『カフェ・ソサエティ』の衣装デザインは、スージー・ベンジンガーが担当。

ウディ・アレン監督とは、映画『ブルー・ジャスミン』『人生万歳!』『セレブリティ』など、過去に数作で一緒に仕事をしています。

1930年代のファッション

衣装デザイナーのスージーは自分で衣装をデザインするだけでなく、30年代を代表するデザイナー、ヴィオネ(Vionnet)、スキャパレリ(Schiaparelli)、シャネル(Chanel)のファッションハウスともコラボ。

特に注目されているシャネルの衣装は、ブランド創設者のガブリエル・シャネルのデザインを再現。

スージーがパリに行ってシャネルのアーカイブをチェックし、選んだ衣装の複製をアトリエで製作してもらったそうで、クリステンの衣装の製作期間はたったの1週間だったそうです。

ヴォニー役のクリステンが着用したシャネルの衣装

  • イヴニングドレス2着
  • 白いショートパンツ
  • ビーチで着ているボタン付きのパンツ

などで、シャネルはジュエリー提供やメイクアップも担当。

シャネルの衣装&ジュエリー

スージーによると、この映画では本物の高価なジュエリーを使えるほど予算がなかったのですが、シャネルが好意で何百万ドルもの価値があるジュエリーを撮影のために提供(15人のボディガード付き)してくれたそうです。

これらの高価なジュエリーは、クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーがクラブシーンの撮影で身につけています。

シャネルのショートパンツ

シャネルの衣装はオリジナルに忠実に作られていますが、クリステン演じるヴォニーはお金がない設定だったので、それは考慮されたデザインになっているそうです。

また、スージーによると、ブレイク・ライブリー演じるヴェロニカのニューヨークでの衣装は、キャロリーナ・ヘレラ(Carolina Herrera)のデザインがベース。

コンテンポラリーな要素も入った、タイムレスでオシャレなデザインになっています。

映画のプレミアでも、クリステンはシャネル、ブレイクはキャロリーナ・ヘレラのドレスを着用。

1930年代のオシャレで可愛い衣装が本当に素敵な映画です。

【インスタグラム】

まとめ

  • 映画『カフェ・ソサエティ』はハリウッド黄金期の1930年代が舞台
  • 衣装やジュエリー、メイクアップなどにシャネルが協力している
  • 30年代のアーカイブとコンテンポラリーなデザインの衣装がオシャレ

Sponsored Link