シャーロックのモリアーティ役、アンドリュー・スコットが気になる!どんな俳優?

英BBCドラマ『SHERLOCK』で、シャーロックの宿敵ジム・モリアーティ役を演じた俳優アンドリュー・スコット。ドラマの中でも気になる存在ですが、アンドリューがどんな俳優なのか、プロフィールや出演作などをまとめました。

Sponsored Link

ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』のジム・モリアーティ役

英BBCドラマ『SHERLOCK / シャーロック』の超悪役ジム・モリアーティ。


恐ろしい人物なのですが…とても気になる存在です。

普段は仲良し(?)アンドリュー・スコット&ベネディクト・カンバーバッチ

シャーロックの宿敵ジム・モリアーティを演じたアンドリュー・スコットはどんな俳優なのか、プロフィールや出演作などをまとめました。

Sponsored Link

俳優アンドリュー・スコットはどんな人?

プロフィール

  • 名前:アンドリュー・スコット (Andrew Scott)
  • 生年月日 / 年齢:1976年10月21日 / 40歳
  • 出身地:アイルランド・ダブリン
  • 身長:173cm

アイルランド・ダブリン出身のアンドリューは3人兄弟の真ん中で、姉と妹がいます。

シャイな性格だったそうですが、小学校に通いながら土曜日には演技のレッスンを受け、アイルランドのテレビでCMデビュー。

少年時代のアンドリューが出演したポリッジのCM(0:23頃から)

映像がちょっと見にくいですが、可愛い男の子ですね。

アンドリューが初めてのお給料で買ったものは、ロフトベッドだったそうです。

その後も演技の腕を磨き続けていたアンドリューは、17歳の時にアイルランド映画『KOREA』でメインの登場人物に抜擢され、俳優デビュー。

1995年公開の映画『KOREA』エイモン・ドイル役

この映画はコペンハーゲン国際映画祭でアスタ・ニールセン賞を受賞、シアトル国際映画祭では観客賞で2位に選ばれました。

『KOREA』で役を得たアンドリューは、ダブリンの大学に入学して演技を学び始めますが、半年で退学。

仕事を通して経験を積むために、アイルランドの国立劇場であるアビー・シアターで演技を続けます。

主な出演作

1999年にロンドンに引っ越したアンドリューは、舞台の他に数多くのテレビドラマや映画にも出演。

2006年には『The Vertical Hour(原題)』でブロードウェイデビューも果たしています。

2010年には、テレビ映画『ジョン・レノンの魂〜アーティストへの脱皮 苦悩の時代〜』で、ポール・マッカートニー役に抜擢。

ポール・マッカートニー役のアンドリュー・スコット

この映画で注目を浴びたアンドリューは、同年、BBCドラマ『SHERLOCK』のモリアーティ役も演じて大ブレイク。

その後も多くの舞台、映画、ドラマに出演し、2015年の映画『007 スペクター』にはマックス・デンビー(C)役で登場しています。

2016年の映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』アディソン・ベネット医師の役

アンドリューは、この他にも多くの舞台にメインキャストとして登場し、ローレンス・オリヴィエ賞を2度受賞。

映画やドラマでは、2003年の映画『Dead Bodies(原題)』でアイルランド映画・テレビアカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞、『SHERLOCK』のモリアーティ役で英国アカデミー賞テレビ部門最優秀助演男優賞、2014年の映画『パレードへようこそ』で英国インディペンデント映画賞最優秀助演男優賞を受賞した他、様々な賞を受賞しています。

恋人はいる?

ゲイであることを公表しているアンドリューですが、長期間交際している芸能関係のパートナーがおり、ロンドンの自宅で同居しているそうです。

しかし、アンドリューにとってプライバシーは大事なので、それ以上は明らかにしていません。

おまけ:モリアーティなアンドリュー・スコット

内容:サンディエゴのコミコンに行けないベネディクト・カンバーバッチとマーク・ゲイティス、アンドリュー・スコットがファンへのメッセージを一緒に考えているのですが…注目のオチは動画の最後です。

アンドリュー・スコットは、怖いキャラをたくさん演じていますが、本当に面白くて気になる俳優さんですね。

今後の活躍も期待したいです!

『シャーロック』メインキャスト、出演俳優&女優のプロフィール一覧

まとめ

  • 英BBCドラマ『SHERLOCK』のジム・モリアーティ役はアンドリュー・スコット
  • アンドリューは、子供の頃から俳優を目指し、舞台や映画、テレビドラマで活躍
  • ジョン・レノンの伝記TV映画ではポール・マッカートニーを演じた

Sponsored Link