Netflix『13の理由』ハンナ役の女優キャサリン・ラングフォードが可愛い!元水泳選手?

シーズン2への更新が発表された、話題のNetflixドラマ『13の理由』。メインキャラクターのハンナ・ベイカーを演じる女優キャサリン・ラングフォードのプロフィールや画像などをまとめました。

スポンサーリンク

Netflixドラマ『13の理由』ハンナ・ベイカー役

Netflixの『13の理由』は、ジェイ・アッシャーによるミステリー小説を映像化したドラマ。

メインキャラクターのハンナ・ベイカー役を演じたのは、新人女優のキャサリン・ラングフォードです。

クレイ役のディラン・ミネットとハンナ役のキャサリン・ラングフォード

『13の理由』は、「ハンナ可愛いなー♥」と思って見ていられるストーリーではないのですが…ハンナ役のキャサリン・ラングフォードが美人&可愛いので、プロフィールや画像をまとめました。

スポンサーリンク

女優キャサリン・ラングフォードが可愛い!

プロフィール

  • 名前:キャサリン・ラングフォード (Katherine Langford)
  • 生年月日 / 年齢:1996年4月29日 / 21歳
  • 出身地:オーストラリア・パース
  • 身長:166cm

キャサリンはオーストラリア・パース出身で、両親はお医者さん。

11歳の時にタイタニックにハマり、映画だけでなく、図書館で関連書籍を読破…。

そんなキャサリンは、今でも歴史小説の大ファンで、歴史映画やSF作品も大好きだそうです。

ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』を持つキャサリン

キャサリンは元水泳選手?

Netflixドラマ『13の理由』で、突然世界中から注目を浴びた女優キャサリン・ラングフォード。

学生だった数年前までは、全国大会に出場するレベルの水泳選手だったそうです。

実は元水泳選手だったキャサリン

MTVさん(@mtv)がシェアした投稿

確かに、今でも結構ガッチリした体型ですね。

水泳と歌が得意だったキャサリンは、才能のある生徒が集まる高校パース・モダン・スクールに進学。

15歳の時、学校のキャリアカウンセラーから将来就きたい職業について聞かれ、①医療②政治③舞台演劇関係と答えていましたが、高校でクリエイティブな才能が開花します。

大きなきっかけとなったのは、16歳の時に行ったレディー・ガガのコンサート。

(※キャサリンは、レディー・ガガの大ファン)

ガガのパフォーマンスに感動したキャサリンは、その後独学でピアノを習得し、歌っている動画をYouTubeにアップ。

『Young & Stupid』キャサリン・ラングフォード

キャサリンは水泳を辞め、高校の最終学年では音楽や演技に集中し、卒業する頃には女優になることを決意します。

主な出演作

キャサリンは2014年に高校を卒業後、演技クラスやワークショップなどを受講。

エージェントを得て、オーディションを受けながら、国内の舞台や短編映画に出演するようになります。

そして、2016年公開の短編映画『Daughter』に主演。

この映画は、虐待やDV被害者への理解を深めるプロジェクトの一環として製作され、オーストラリア国内の映画祭やカンヌ映画祭のインディペンデント部門にも出品されました。

2016年の短編映画『Daughter』

オーストラリア国外のオーディションも受けていたキャサリンは、『13の理由』のオーディションをSkypeで受けて、合格。

すぐにビザを申請してアメリカに飛び、ハンナ・ベイカー役を演じることになりました。

Netflixドラマ『13の理由』ハンナ・ベイカー役

『13の理由』まで、ほとんど女優の経験のなかったキャサリンですが、ハンナ役で女優としての知名度&評価が大幅アップ。

ベッキー・アルバータリの小説『サイモンvs人類平等化計画』をベースにした同名の映画にも出演が決まっています。

映画『Simon vs. The Homo Sapiens Agenda(サイモンvs人類平等化計画)』は2018年に公開予定

女優としてのキャサリンも美人で素敵ですが、普段の普通っぽい雰囲気も可愛いです。

今のところ、キャサリンに恋人の噂はありませんが…今後の活躍が楽しみですね。

Netflix『13の理由』主要キャストのプロフィール&画像まとめ

まとめ

  • Netflixドラマ『13の理由』ハンナ・ベイカー役は新人女優のキャサリン・ラングフォード
  • キャサリンは元水泳選手で、レディー・ガガの大ファン。歌も上手
  • 高校卒業後に本格的に演技のトレーニングを受け、『13の理由』で有名になった

スポンサーリンク