映画『天使と悪魔』ヴィットリア役、アイェレット・ゾラーはどんな女優?出演作は?

トム・ハンクス主演、2009年の映画『天使と悪魔』でヒロインのヴィットリア・ヴェトラ役を演じたアイェレット・ゾラー。アイェレットがどんな女優なのか、プロフィールや出演作をまとめました。

スポンサーリンク

映画『天使と悪魔』ヴィットリア・ヴェトラ役

トム・ハンクスが主人公ロバート・ラングドンを演じた映画の1つ『天使と悪魔』。

この映画でヒロインのヴィットリア・ヴェトラ役を演じたのは、イスラエル人女優のアイェレット・ゾラーです。

ヴィットリア・ヴェトラ役のアイェレット・ゾラー

この記事では、アイェレットがどんな女優さんなのか、プロフィールや主な出演作などをまとめました。

スポンサーリンク

アイェレット・ゾラーはどんな女優?

プロフィール

  • 名前:アイェレット・ゾラー (Ayelet Zurer)
  • 生年月日 / 年齢:1969年6月28日 / 47歳
  • 出身地:イスラエル・テルアビブ
  • 身長:169cm

アイェレットの両親はユダヤ系移民で、母親はチェコスロバキア出身・ホロコーストの生存者。

イスラエルのテルアビブで育ったアイェレットは高校卒業後、徴兵制のためイスラエル国防軍に2年間従事。

その後、アメリカ・ニューヨークに渡って演技の指導を受け、オフ・ブロードウェイで経験を積みます。

20代の頃のアイェレット

1991年公開のフランス映画『熱砂に抱かれて』に出演したアイェレットは、1991年にイスラエルに帰国。

1992年から放送されたイスラエルのティーンドラマ『Inyan Shel Zman』でメインキャラクターの1人を演じて以降、継続的にイスラエルのテレビや映画で活躍します。

主な出演作

イスラエル国内で高い評価を得ていたアイェレットは、2005年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『ミュンヘン(2005年公開)』に出演。

主人公アヴナー役(エリック・バナ)の妻ダフナを演じて注目されました。

その後、2007年公開のカナダ映画『Fugitive Pieces』に出演、2008年公開の映画『バンテージ・ポイント』ではテロリストの1人を演じます。

そして、2009年公開の映画『天使と悪魔』でヒロインのヴィットリア役に抜擢。

アイェレットは、現在もアメリカを拠点に、イスラエルでも女優やモデルの仕事をしています。

2013年映画『マン・オブ・スティール』ララ・ロー=ヴァン役

2015年Netflixドラマ『デアデビル』ヴァネッサ役

2015年には、紀里谷和明監督のハリウッド映画『ラスト・ナイツ』にもナオミ役で出演。

2016年映画『ベン・ハー』ナオミ役

Ben-Hurさん(@benhurmovie)がシェアした投稿

イスラエル雑誌の表紙

夫&子供は?

アイェレットは、サーフィンインストラクターのジラッド・ランドフスキー (Gilad Londovsky) さんと、2003年に結婚。

ジラッドさんとアイェレット、ワンちゃん

2人の間には、2005年生まれの息子リアド(Liad)くんがいます。

アイェレットと家族

夫ジラッドさんは現在もサーフィンを教えており、アイェレットは家族とロサンゼルスに住んでいるそうです。

まとめ

  • 映画『天使と悪魔』ヴィットリア役、アイェレット・ゾラーはイスラエル出身
  • ニューヨークで演技を学んだあと、イスラエル国内で女優として活躍
  • 現在はアメリカを拠点に、ハリウッド映画やドラマにも出演

スポンサーリンク