歌手で女優のソーコ(SoKo)はどんな人?ファッションもオシャレ!

フランス出身のシンガーソングライターで女優のソーコ(SoKo)。楽曲や演技、ファッション、生き方なども注目されているソーコはどんな人なのでしょうか。プロフィールや画像をまとめました。

スポンサーリンク

歌手で女優のソーコ(SoKo)はどんな人?

プロフィール

  • 名前:ステファニー・ソコリンスキ(Stéphanie Sokolinski)
  • 生年月日 / 年齢:1985年10月26日 / 31歳
  • 出身地:フランス・ボルドー
  • 身長:165cm

フランス出身の歌手&女優ソーコ(SoKo)の本名は、ステファニー・ソコリンスキ。

父親はロシア・ポーランド、母親はイタリア・フランス系だそうです。

ソーコには5人の兄弟姉妹がおり、特に仲が良いのはすぐ下の弟マックスさん。

幼いころのソーコとマックスさん、両親

弟マックスさんも現在ミュージシャンとして活動しており、ソーコのインスタグラムに頻繁に登場します。

ソーコと弟マックスさん

5歳の時、健康だった父が就寝中に突然亡くなったことから、ソーコは常に死は身近にあると感じて生きてきたそうです。

父の死、幼い頃から周りに友達がいなかったこと、感情表現が難しかったことなど、自身の経験や頭の中の気持ちを歌っているソーコの曲は、多くの人の心に響き、共感を集めています。

また、ソーコはフランス出身ですが、アメリカにも長く住んでいるため、流暢な英語を話し、曲の歌詞も英語で書いています。

歌手&女優活動

ソーコは、子供の頃から詩や日記をたくさん書き、5歳の頃から習っていたピアノで作曲を始めます。

そして、新しい環境や刺激を求めて、16歳の時に単身パリへ。

ソーコはパリの演劇学校で歌やダンス、演技を学び始めますが、1年未満で退学。

16~20歳ごろは他の学校でも演技を学びながら、フランスのテレビドラマや短編映画などに出演し、女優として活動します。

その後ソーコは、人から仕事をもらえるのを待つより、自分で作品を創り出すため、シンガーソングライターとしての活動を開始、楽器も習得。

キーボード、ギター、ベース、ドラムなどを操るソーコ

2007年にリリースしたシングル『I’ll Kill Her』は、デンマークのiTunes Storeチャートで1位、オランダやベルギーのラジオ局でも流され、ステラ・マッカトニーのファッションショーでも使用されるなど、人気に。

2007年後半には、イギリス出身の歌手M.I.A.のツアーに参加し、2008年にもヨーロッパでパフォーマンスを行います。

2011~12年にかけては、アルバム『I Thought I Was an Alien』や収録曲のシングルをリリース。

シングル『I Thought I Was an Alien』

ソーコは2014年、ロサンゼルスのファッションブランド「Wren」とコラボレーション。

Wrenの2014年秋冬コレクションの広告動画『First Kiss』に、ソーコの曲「We Might Be Dead by Tomorrow」が使用され、ソーコ自身も動画に出演。

20人の赤の他人が親密な瞬間を共有する動画はYouTubeで多くの人に視聴され、BGMとして流れたソーコの曲「We Might Be Dead by Tomorrow」は、アメリカのビルボードチャートで9位にランクインしました。

ソーコは、2015年にもアルバム『My Dreams Dictate My Reality』をリリース。

音楽活動をしている間も女優としてドラマや映画に出ていたソーコは、2009年のフランス映画『À l’origine』でセザール賞の有望若手新人賞にノミネート。

2012年のフランス映画『博士と私の危険な関係』の演技では、フランス国内だけでなく、アメリカやスペインの映画賞でもノミネートされました。

その後も女優&ミュージシャンとして活躍していたソーコは、2016年の映画『ザ・ダンサー』で主演に抜擢。

日本で2017年6月に公開されるこの映画には、ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップも出演しており、ソーコは実在した天才ダンサー、ロイ・フラーを演じています。

映画『ザ・ダンサー』予告編

ソーコは、2017年の国際女性デー(3月8日)に歌手マドンナが公開した「Her-Story」にも出演。

マドンナ『Her-Story』

シンガーソングライター、女優活動の他、ソーコは自分で映像制作・演出なども行っており、世界中で注目を集める存在となっています。

スポンサーリンク

【画像】ファッションもオシャレ!

ソーコは世界に名が知れる前から、ファッション業界ではスタイルアイコンとして知られていました。

独特のテイストやスタイルを持っており、服装やメイクで雰囲気がかなり変わります。

蜷川実花さんとソーコ

ソーコは、これまで何度か来日しています。

ストレート・エッジ、菜食主義者、バイセクシュアルなど、自身の思想やライフスタイルをはっきり公表しているソーコ。

2016年には、アメリカ人女優のクリステン・スチュワートと一時交際していましたが、破局。

現在はオープンにしている交際相手はいません。

今後のさらなる活躍に期待したいと思います。

まとめ

  • ソーコは、フランス出身のシンガーソングライターで、女優
  • 幼い頃から作詞作曲を始め、演技の訓練も受けていた
  • フランス国内だけでなく、アメリカやアジアでも人気のあるファッションアイコン

スポンサーリンク