エヴァ・グリーンは双子?母親も女優?画像でプロフィールまとめ

ミステリアス美人を代表する女優エヴァ・グリーン。謎に包まれた雰囲気のエヴァですが、双子の姉妹や女優の母親など、気になることを画像でまとめました。

スポンサーリンク

【画像】エヴァ・グリーンのプロフィール

フランス・パリ出身

エヴァは、1980年7月6日フランス・パリ生まれの36歳。

身長は168cmです。

フランス・パリで生まれたエヴァは、フランスの学校の他、10代の頃にイギリスやアイルランドの学校にも通い、パリやロンドン、ニューヨークで演技の勉強をしています。

地毛は金髪?

『黒髪美人』のイメージが強いエヴァですが、地毛は暗めのブロンド。

若い頃のエヴァ

髪を黒く染め始めたのは、15歳ごろからだそうです。

母親も女優?

エヴァの母は、フランス人女優のマルレーヌ・ジョベールさん。

両親がフランス軍で働いていたため、マルレーヌさんはフランス領アルジェリアで生まれ、8歳の時にフランスに移住しています。

エヴァと母マルレーヌ・ジョベールさん

マルレーヌさんは、1960~80年代に女優として活躍し、他に、児童書の作家、オーディオブックのナレーター、クラシック音楽に関する本も書いています。

また、フランス・スウェーデン系の父親ウォルター(ワルター)さんは、俳優経験もある歯科医で、エヴァの叔母や従姉妹も女優や歌手などをしている人が多くいます。

二卵性の双子

エヴァは二卵性双生児で、双子の姉妹ジョイ(ジョアン)さんより、2分早く誕生。

赤ちゃんの時

17歳の時のエヴァと家族

双子の姉妹ジョイさんも美人ですが女優ではなく、ビジネススクールに通った後、イタリア人男性と結婚し、現在はフランスのノルマンディーに住んでいるということです。

スポンサーリンク

映画デビューは18禁?

ロンドンやニューヨークでも演技を学んだエヴァはパリに戻り、いくつかの舞台に出演。

スクリーンデビューは2003年の映画『ドリーマーズ』で、過激なシーンを含む18禁の映画でした。

2003年の映画『ドリーマーズ』イザベル役

ボンドガール

エヴァは、2006年の映画『007 カジノ・ロワイヤル』で、ボンドガールに抜擢され、大ブレイクしました。

2006年映画『007 カジノ・ロワイヤル』ヴェスパー役

ダニエル・クレイグとエヴァ

@james_bond_addictがシェアした投稿

モデルとしても活躍

エヴァは女優活動の他、ファッション誌のための撮影や、ラグジュアリーブランドのキャンペーンモデルも務めています。

VOGUE UK誌
*衣装は、クリスチャン・ディオールのオートクチュールライン

ディオールの香水『Midnight Poison』

エヴァは他にも、アルマーニやディオール、ハイネケン、モンブランなどのブランドでもモデルをしたことがあります。

ティム・バートン監督作品に出演

親密な関係とも噂されているエヴァとティム・バートン監督。

エヴァはこれまで、ティム・バートン監督の2つの作品に出演しています。

2012年『ダークシャドウ』アンジェリーク役

2016年『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ミス・ペレグリン役
*日本公開は2017年。

また、2017年3月には、ティム・バートン監督によるディズニー実写版映画『ダンボ』で、エヴァが出演交渉に入っていることが伝えられています。

まとめ

  • 女優エヴァ・グリーンはフランス出身で、家族や親戚に芸能人が多い
  • エヴァの地毛の色は、黒ではなく暗めのブロンド
  • ティム・バートン監督の映画に何度か出演している

スポンサーリンク