キーファー・サザーランドの娘サラの現在は?女優としてドラマに出演中!

ジャック・バウアーの娘といえばキムですが、俳優キーファー・サザーランドの娘は女優のサラ・サザーランド。現在は、人気ドラマに出演中らしいので、サラのプロフィールや画像をまとめました。

スポンサーリンク

キーファー・サザーランドの娘サラの現在は?

プロフィール

  • 名前:サラ・サザーランド (Sarah Sutherland)
  • 生年月日 / 年齢:1988年2月18日 / 29歳
  • 出身地:アメリカ・ロサンゼルス
  • 身長:163cm

サラの母親は、キーファーの1人目の妻で女優のカメリア・キャス。

両親だけでなく、祖父母も俳優・女優のサラですが、本格的に女優の勉強を始めたのは10代になってから。

ロサンゼルスで演技を学んだ後、ニューヨーク大学のアートスクールで演劇や脚本の勉強をしています。

キーファーとサラ

2015年の映画『ワイルドガン (Forsaken)』で共演したキーファーと父ドナルド

親の七光りは嫌?

たまにテレビのインタビューなどで娘のことを聞かれて、顔が緩みきっているパパ、キーファー・サザーランド。

もちろん、女優として活躍する娘を誇らしく思っているそうですが、娘サラは自分の力で仕事を得たいため、キーファーは影で見守っているだけのようです。

(サラは16歳の夏休みに、ドラマ「24」の製作アシスタントを体験したことはあります。)

現在は音楽活動もしている、キーファー・サザーランド

実際、キーファーはこれまで2回、サラに役をオファーしたそうですが、丁寧に断られたとのこと。

女優の仕事やエージェントも、サラが自力で得たそうです。

現在、ドラマ『Veep / ヴィープ』に出演中のサラですが、SNSの反応などを見る限り、キーファーの娘だと知らない(知らなかった)視聴者もいるようです。

スポンサーリンク

女優として、ドラマ『Veep / ヴィープ』に出演中!

サラは、ニューヨーク大学在学中に学生劇 / 作品に出演し、卒業後にロサンゼルスに戻っていくつかのインディペンデント映画に出演。

女優としての代表作は、2012年から米HBOで放送されているドラマ『Veep / ヴィープ』。

サラの演じるキャサリン・マイヤーは、主人公の副大統領(ジュリア・ルイス=ドレイファス)の娘役です。

出演者のクレア・デュヴァルとサラ

父キーファーは、2016年から米ABCで放送中の『サバイバー: 宿命の大統領』に大統領役で出演中のため、『Veep / ヴィープ』とコラボして父娘共演を期待する声もあるようですが、今のところ実現する可能性は低いようです。

本人たちが望まないなら仕方ないですが、親子3世代での共演も見てみたいですね。

まとめ

  • キーファー・サザーランドの娘サラは、現在29歳
  • ドラマ『Veep / ヴィープ』で主人公の娘役を演じている
  • サラは、父キーファーからのオファーを断っていた

スポンサーリンク