ドラマ『女王ヴィクトリア』アルバート役、トム・ヒューズの恋人や出演作は?

イギリスの歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』で、アルバート公(王子)を演じたトム・ヒューズ。とても魅力的な俳優トムの恋人やプロフィール、有名な出演作についてまとめました。

スポンサーリンク

ドラマ『女王ヴィクトリア』アルバート役

イギリスの歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』で、アルバート公(王子)を演じたトム・ヒューズ。

ヴィクトリア&アルバート

女王ヴィクトリア役のジェナ・コールマンとともに、本当に美男美女カップルです。

俳優トム・ヒューズの恋人は?

ドラマの中で夫婦になったトム・ヒューズとジェナ・コールマンは、実生活でも交際中。

トム・ヒューズとジェナ・コールマン

2人は2015年後半から親しい関係になったそうで、2016年9月に多くのメディアが交際を報じました。

トムはジェナとの交際前、イギリス人女優のオフィリア・ラヴィボンド(Ophelia Lovibond)と付き合っていました。

スポンサーリンク

トム・ヒューズはどんな人?

プロフィール

  • 名前:トム・ヒューズ(Tom Hughes)
  • 生年月日 / 年齢:*1986年4月18日 / 31歳
  • 出身地:イギリス チェシャー州
  • 身長:185cm

*1985年生まれと書かれている場合もあり。

チェシャー州出身のトムは少年時代、演技よりも先に音楽に没頭。

11歳ごろまでは1日8時間ギターの練習をしていたこともあったそうで、その後も父親のバンドやインディーバンドで演奏していました。

好きな音楽はボブ・ディラン、ザ・ジャム、ビートルズなどで、サッカーはマンチェスター・ユナイテッドの大ファン。

普段からオシャレなトムは、バーバリーのキャンペーンモデルを務めたこともあります(2009年)。

トム・ヒューズとエマ・ワトソン

有名な出演作

小学校の演劇で演技に興味を持ったトムは、12歳の時に地元のユース・シアター(劇団)に参加。

2008年にロンドンの王立演劇学校(RADA)卒業後、1年も経たずにドラマや映画に出演するようになりました。

2009年にドラマ『Casualty 1909』や『Trinity』に数話出演したトムは、2010年の映画『Cemetery Junction』で英国インディペンデント映画賞のニューカマー(新人)賞にノミネート。

映画『Cemetery Junction』ブルース役(写真中央)

Crackleさん(@crackle)がシェアした投稿

2011年にはドラマ『Silk』のシーズン1にニック役で準レギュラー出演しました。

その後もトムはイギリスで映画やドラマ、テレビ映画に出演。

2013年のドラマ『Dancing on the Edge』で、女優ジェナ・コールマンと共演しています。

2014年ごろのジェナとトム

2015年のスパイ・スリラードラマ『The Game』では、主演に抜擢されました。

そして、2016年からは『女王ヴィクトリア 愛に生きる』でアルバート役を演じています。

今後さらに国際的な人気が高まりそうな俳優さんですね。

ドラマ『女王ヴィクトリア』メインキャスト、出演俳優&女優のプロフィール一覧

まとめ

  • 俳優トム・ヒューズは、共演者のジェナ・コールマンと交際中
  • 小学生の頃から演技に興味を持ち、王立演劇学校卒業後に俳優デビュー
  • 主にイギリスの映画やドラマで活躍している

スポンサーリンク