『マグニ7』エマ役ヘイリー・ベネットの過去は?似てる女優や恋人など

現在日本で公開中の映画『マグニフィセント・セブン』。エマ・カレンを演じている女優ヘイリー・ベネットのプロフィールや似ている女優、恋人などをまとめました。

スポンサーリンク

映画『マグニフィセント・セブン』エマ役

黒澤明監督の「七人の侍」のハリウッド版リメイク / 西部劇映画「荒野の七人」のさらなるリメイク『マグニフィセント・セブン』。

マグニフィセント・セブンの7人を雇うエマ・カレンを演じたのは、女優ヘイリー・ベネット。

ヘイリーはこの役を演じるために初めて馬に乗る練習をし、狩猟もしていた父を見て銃の扱いは知っていたそうですが、映画のためにスキルを磨いたそうです。

これまでとは随分雰囲気の違う役を演じたヘイリー。

「主演のデンゼル・ワシントンやアントワーン・フークワ監督から、多くのことを学べて成長できた」とインタビューで話していました。

スポンサーリンク

ヘイリー・ベネットはどんな人?

プロフィール

  • 名前:ヘイリー・ベネット(Haley Bennett)
  • 生年月日 / 年齢:1988年1月7日 / 29歳
  • 出身地:フロリダ生まれ、フロリダ&オハイオ育ち
  • 身長:173cm

ヘイリーの出生名は「ヘイリー・ロレイン・キーリング」、母親の姓がベネットです。

両親はヘイリーが小さい頃から別居。

母親はフロリダ、父親はオハイオに住んでおり、両親の間を行き来して育ったそうです。

父 / 母の違う兄弟はいるそうですが『年が離れているので、ほとんど1人っ子のような感じで育った』とのこと。

いとこやおじ・おば、祖父母と過ごすことは多かったそうです。

女優になるまで&有名な作品

ヘイリーは、小さい頃から人前で演じたり、歌ったりする職業に就きたかったそう。

5歳の頃のヘイリー

10歳ごろから学校などの演劇に出るようになりました。

そして2005年、女優や歌手になる夢を追って母親とLAへ。

LAに来たときのことについてヘイリーはインタビュー・マガジンで「特に計画があったわけではないんだけど、夢を追って、直感に従ったの。黄色いレンガの道を辿ってエメラルド・シティに行ったドロシーみたいにね。良い魔女はいなかったんだけど。」と過去の経験について話しています。

それまでは学校の演劇に出たり、学校や教会で歌うぐらいしか経験のなかったヘイリーですが、LAに来て複数のスタジオで演技のレッスンを受け、そのレッスンのコーチが事務所を紹介してくれて、いくつかのオーディションに申し込んだそうです。

気合を入れて、たくさんオーディションを受けようとしていたヘイリーですが、なんと3つ目に受けた『ラブソングができるまで』に合格、そしてニューヨークに引っ越したそうです。

2007年の映画『ラブソングができるまで』主演はヒュー・グラントとドリュー・バリモア。

ヘイリーはメインキャストの1人で、重要な登場人物でもある人気歌手コーラ・コーマンを演じました。

映画:ラブソングができるまで

ヘイリーは現在もニューヨークに家があるそうですが、ここ最近は撮影で忙しいため、ニューヨークにいられないことも多いそうです。

2016年(日本公開は2017年)には『マグニフィセント・セブン』のエマ役の他に、『ガール・オン・ザ・トレイン』でも準主役のメーガンを演じています。

ヘイリーのそっくりさん?

ヘイリーは女優のジェニファー・ローレンスのドッペルゲンガーとも言われていて、笑い話になるくらいよく間違えられるそうです。

ヘイリーによると、普通に『ジェニファー、こんにちは!』という感じで周りから挨拶されるので、自分がスキャンダルを起こしたら、間違ってジェニファーが非難されるかも…とGQのインタビューで冗談を言っていました。

ジェニファー・ローレンス

表情によって似て見えますが、実はあまり似ていないような気もします。

ヘイリーによると2016年秋の時点で、2人は実際に会ったことはないそうです。

恋人は?

ヘイリーの恋人は、起業家のアンドルー・フレーム。

2人の交際やアンドルーについて詳しくは報道されていませんが、休暇を一緒に過ごしたり、家族も公認の仲のようです。

ヘイリーは動物好きで、複数の犬と猫を飼っています。

※追記:2018年、ヘイリーはイギリス人映画監督ジョー・ライトとの交際が報じられました。

まとめ

  • ヘイリー・ベネットはLAに来て3回目のオーディションで合格
  • デビュー作は『ラブソングができるまで』の人気歌手コーラ役
  • ジェニファー・ローレンスにそっくりと言われている
スポンサーリンク