オースティン・マホーン海外での人気は?ヒット曲はどれ?

2017年に「Dirty Work」が日本で大ヒットしたアメリカ人歌手のオースティン・マホーン。何度も来日し、年末の紅白歌合戦にも出場しますが…アメリカやその他の国での人気、ヒット曲はどれなんでしょうか。

スポンサーリンク

オースティン・マホーン海外での人気は?

2010年、14歳の時からYouTubeに動画をアップし始め、注目を集めるようになったオースティン・マホーン。

ジャスティン・ビーバーの曲もカバーしていた当時のオースティンは、見た目もなんとなくジャスティンのよう…。

アメリカでは、2012年6月リリースの「Say Somethin」がビルボード ポップソングチャートで34位を記録。

その後は、2013年にテイラー・スウィフトのツアーでオープニングアクトを担当したり、音楽イベントでパフォーマンスもしています。

初の世界ツアーは、2014年。北米・中南米の国々と日本などを周っています。

期待の新人としてデビューし、世界各国にファンの居るオースティンは…

全体的な人気やセールスなどを見ると、同じようにネットで人気になり、オースティンより後から出てきたカナダ出身のショーン・メンデスに引き離されています。

【ツイッターのフォロワー数】

【インスタグラムのフォロワー数】

ショーン・メンデスは、デビュー・アルバムで全米初登場1位、66の国と地域のiTunesで1位を獲得、セカンドアルバムも全米1位。

オースティンは、2013年に日本のみでリリースしたデビューEPがオリコン・ウィークリー・アルバム・チャートで17位。

2014年の世界版デビューEP「The Secret」は全米5位を記録。

2017年にブルゾンちえみさんのネタで「Dirty Work」が大ヒットしたことを受けて、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンからリリースした同名のアルバムはオリコン・アルバム・チャート34位でした。

スポンサーリンク

ヒット曲はどれ?

これまでリリースした曲で最も順位が上だったのは、2014年の『Mmm Yeah ft. Pitbull』。

全米49位、イギリス34位、カナダ36位などとなっています。

次は2013年の「What About Love」で、全米66位。

他にビルボード誌などでオススメとして挙げられているのは、

…などです。

Dirty Work」とはまた違った感じで、素敵な曲ですね。

今後の活躍が楽しみです~。

オースティン・マホーン2017年現在彼女はいる?インスタに画像もアップ?

まとめ

  • オースティン・マホーンは日本での人気が高い
  • アメリカやカナダ、中南米でツアーを行なったことがある
  • ヒット曲は「Mmm Yeah」「What About Love」など

スポンサーリンク