メーガン・マークルの父親はどんな人?異母兄姉も気になる!

イギリスのハリー(ヘンリー)王子と結婚する、アメリカ人女優メーガン・マークルさん。ご家族についても話題になっていますが、父親や異母兄姉はどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク

メーガン・マークルさんの父親トーマスさん

プロフィール

  • 名前:トーマス・マークル(Thomas Markle Sr.)
  • 生年 / 年齢:1945年 / 72~73歳
  • 出身地: アメリカ・ペンシルベニア

若い頃のメーガンさんと父トーマスさん

トーマスさんはペンシルベニア州出身で、オランダ・アイルランド系の家系。

2016年に破産を申請し、現在はメキシコに住んでいると報じられています。

職業やメーガンさんとの仲

トーマスさんは、過去にドラマの照明ディレクターや撮影監督などとして活動。

1970年代後半、ドラマ「ジェネラル・ホスピタル」の撮影現場で、メイクアップアーティストの見習いをしていたドリア・ラグランドさんと出会います。

(2人の年の差は12歳)

トーマスさんとドリアさんは1979年に結婚し、1981年に娘メーガンさんが誕生しました。

2人は、娘メーガンさんが6歳のときに離婚。

メーガンさんは母ドリアさんのもとで育ちますが、トーマスさんとも交流しており、放課後はトーマスさんの仕事場であるドラマの撮影現場に通っていたそうです。

そして、父トーマスさんの仕事に影響を受けたメーガンさんは女優に。

メーガンさんはインタビューやSNSなどで、たびたびトーマスさんへの感謝や愛のコメントをしています。

スポンサーリンク

メーガンさんの異母兄姉はどんな人?

メーガンさんの父トーマスさんは、ドリアさんの前、若いころに1度結婚・離婚。

最初の妻であるロズリン・ラヴレスさんとの間に娘と息子(メーガンさんの異母姉兄)がいます。

姉サマンサさん

異母姉サマンサ・グラント(マークル)さんは、メーガンさんの17歳年上。

2008年に多発性硬化症と診断され、現在は車椅子で生活しています。

過去に2回結婚・離婚し、子供は3人。

女優やモデルをしていたこともあるそうですが、現在はライター、ヘルスカウンセラー。

メーガンさんとハリー王子の交際が明らかになってから、SNSで批判的な発言をしたり、たびたびメディアに登場。

メーガンさんとは疎遠で10年ほど会っていないにもかかわらず、暴露本を出版予定だそうです。

兄トーマス・ジュニアさん

異母兄トーマス・マークル・ジュニアさんは、メーガンさんの14~5歳年上。

2回離婚しており、息子が2人。

元妻はトーマス・ジュニアさんにお酒の問題があったと証言しており、酔った勢いでの暴行罪などで逮捕歴あり。

2011年の祖母の葬儀以降、メーガンさんとは会っていないそうです。

姉サマンサさん同様、トーマス・ジュニアさんもメディアでメーガンさんを口撃したり、一方的な情報を発信しており、最近ではハリー王子に結婚を思いとどまるよう忠告する手紙を書いています。

メーガン・マークルさん父、手術で結婚式欠席?ヤラセ写真も気になる…

まとめ

  • メーガン・マークルさんの父トーマスさんは元照明ディレクター
  • 撮影現場で出会ったドリア・ラグランドさんと結婚し、メーガンさんが誕生
  • メーガンさんには年の離れた異母兄姉がいるが、現在は疎遠

スポンサーリンク