W杯ブラジル代表チッチ監督の若い頃は?息子もサッカー選手?

サッカー・ブラジル代表のチッチ監督。選手だった若い頃の写真や息子についてまとめました。

スポンサーリンク

ブラジル代表チッチ監督

1961年5月生まれ、ブラジルのカシアス・ド・スル出身のチッチ(Tite)監督。

本名は、アデノール・レオナルド・バッキ(Adenor Leonardo Bacchi)。

2016年にブラジル代表の監督に就任しました。

若い頃の画像☆

チッチ監督は、1978年17歳のときにカシアス(SERカシアス・ド・スル)で選手としてのキャリアをスタート。

その後、1984-85年はエスポルチーヴォ、1985-86年はポルトゥゲーザ、1986-89年にグアラニに所属し、選手引退。

  • 1984年の写真

  • グアラニ時代

1990年からは指導者として、ブラジルやアラブ首長国連邦のクラブを率いました。

カシアスの監督だった2000年には、リオグランデ・ド・スル州選手権で優勝。

その後も、グレミオやインテルナシオナル、コリンチャンスなどで結果を残しています。

スポンサーリンク

息子もサッカー選手?

チッチ監督は、1984年にホズマリ(Rosmari)さんと結婚。

2人の間には、娘と息子がいます。

息子マテウスさんはサッカー選手を目指していましたが、アメリカでスポーツ科学を学んで指導者の道へ。

現在はアシスタントコーチなどとして経験を積み、将来は監督を目指しているそう。

すでに結婚して子供もおり、チッチ監督はおじいちゃんです。

まとめ

  • チッチ監督は選手としてブラジルで約11年間プレー
  • その後はブラジルやUAEの監督として手腕を発揮
  • 息子マテウスさんはアシスタントコーチなどをしている

スポンサーリンク