マコーレー・カルキン&マイケル・ジャクソンの関係は?

『ホーム・アローン』元有名子役のマコーレー・カルキンと“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。2人の出会いや関係について画像とともにまとめました。

スポンサーリンク

マコーレー・カルキンとマイケル・ジャクソン

(↑2001年9月、マイケル・ジャクソン30周年記念での2人)

出会いは?

マイケル・ジャクソンは1958年生まれ(2009年没)、マコーレー・カルキンは1980年生まれ。

年の差は22歳。

2人が最初に会ったのは映画『ホーム・アローン(1990年)』のあと、マコーレーが10歳のころ。

『くるみ割り人形』の舞台裏で短くあいさつを交わし、それからマイケルの家(ネバーランド)に遊びに行ったり、一緒に出かけたりするようになったそうです。

2人の関係は?

マコーレーによると、2人はとても仲の良い友人。

マイケルは(良い意味で)とても子供っぽく、マコーレーもマイケルと普通に(大スターとしてではなく)接していたそうです。

マコーレーは1991年、マイケルの曲『Black or White』のミュージックビデオに出演。

その後も親交は続き、2003年にマイケルの児童性的虐待疑惑が浮上した際、マコーレーは不適切なことは一切されていないと証言しました。

2009年6月にマイケルが亡くなったときには、同年9月の埋葬にも参列しています。

スポンサーリンク

マイケルの娘パリス・ジャクソンとも仲良し♡

マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソン。

マコーレーが17歳だった1998年4月に生まれ、現在はモデルとして活動中。

2人は一緒に遊んだり、腕におそろいのスプーンのタトゥーを入れるなど、とても仲良し。

恋人のようにも見えますが、マコーレーはパリスのゴッドファーザー(代父)で、パリスが生まれたときから可愛がっているようです。

(ちなみにパリスのゴッドマザーは、エリザベス・テイラー。)

マコーレーはマイケルの長男プリンスくん、次男ブランケット(ビギ)くんのゴッドファーザーでもあります。

マコーレー・カルキン現在の彼女は?歴代恋人・元妻もチェック

2018.12.12

まとめ

  • マコーレー・カルキンとマイケル・ジャクソンは親友
  • マコーレーが10歳のころに出会い、その後マイケルが亡くなるまで親交があった
  • マコーレーはマイケルの3人の子供の代父、パリスとおそろいのタトゥーを入れるほど仲良し

スポンサーリンク