『メン・イン・ブラック』テッサ・トンプソンのプロフィール&有名な出演作

2019年の映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』エージェントM役を演じたテッサ・トンプソン。どんな女優さんなのか、プロフィールや有名な出演作をまとめました。

スポンサーリンク

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』エージェントM役

エージェントM役はアメリカ人女優テッサ・トンプソン。

プロフィールや有名な出演作をご紹介します。

スポンサーリンク

テッサ・トンプソンはどんな人?

プロフィール

  • 名前:テッサ・トンプソン(Tessa Thompson)
  • 生年月日 / 年齢:1983年10月3日 / 35歳
  • 出身地:米国カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 身長:163cm

アメリカ・ロサンゼルス生まれ。

父親は「チョコレート・ジーニアス(Chocolate Genius, Inc.)」のシンガーソングライター、マーク・アンソニー・トンプソン。

テッサは子供のころから音楽に触れて育ち、学校で演劇に参加。

大学では文化人類学を学びながら、舞台演劇の経験も積んでいました。

2005年にTVドラマ、2006年に映画デビュー。

女優業のほか、『Caught a Ghost』というバンドに参加して曲も出しています。

有名な出演作

2005年にドラマ『コールドケース 迷宮事件簿(シーズン2・第22話)』に出演して女優デビュー。

2005~06年には、ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』シーズン2にレギュラー出演しました。

  • 2005~06ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』

  • 2006年映画『When a Stranger Calls』
  • 2009年映画『Mississippi Damned(原題)』

2009年にスラムダンス映画祭で上映されたインディペンデント映画。

この作品はシカゴ国際映画祭で作品賞を受賞、テッサはアメリカン・ブラック・フィルムフェスティバルでベストアクター賞を受賞しました。

  • 2010年映画『For Colored Girls』
  • 2012~13年ドラマ『Copper』
  • 2014年映画『ディア・ホワイト・ピープル』

人種問題を風刺したコメディ・ドラマ映画。

タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ、テッサ・トンプソン、カイル・ガルナーら主演。

Netflix『ディア・ホワイト・ピープル』

  • 2014年映画『グローリー/明日への行進』

1965年、キング牧師らの活動を描いた歴史ドラマ映画。

この作品はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞しました。

映画『グローリー/明日への行進』予告動画

  • 2015年映画『クリード チャンプを継ぐ男』

シルヴェスター・スタローン&マイケル・B・ジョーダン主演、『ロッキー』のスピンオフ。

映画『クリード チャンプを継ぐ男』予告動画

テッサは2018年の続編『クリード 炎の宿敵』にも出演しています。

  • 2016年~ドラマ『ウエストワールド』

人気SFドラマ『ウエストワールド』に2016年から出演中。

2020年にシーズン3が放送予定です。

  • 2017年映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』

テッサは女戦士ヴァルキリー役で出演。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』予告動画

2019年公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも同役で出ています。

  • 2018年映画『アナイアレイション -全滅領域-』
  • 2018年映画『クリード 炎の宿敵』
  • 2019年映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』
  • 2019年映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』

今後は、2020年公開予定の映画『Sylvie』に主演することが発表されています。

テッサ・トンプソンのインスタグラム

メン・イン・ブラック,インターナショナル,キャスト

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』メインキャストのプロフィール

2019年6月21日

まとめ

  • テッサ・トンプソンの父親はシンガーソングライター、マーク・アンソニー・トンプソン
  • テッサは2005年からドラマや映画に出演、2005~06年には『ヴェロニカ・マーズ』シーズン2にレギュラー出演
  • 有名な出演作はドラマ『ウエストワールド』映画『グローリー/明日への行進』『クリード』『マイティ・ソー バトルロイヤル』など

スポンサーリンク