Netflix『13の理由』クレイ役の俳優ディラン・ミネット、音楽活動も?

セレーナ・ゴメスがエグゼクティブプロデューサーを務めていることでも話題のNetflixドラマ『13の理由』。メインキャラクターのクレイ・ジェンセンを演じる俳優ディラン・ミネットのプロフィールや画像などをまとめました。

スポンサーリンク

Netflixドラマ『13の理由』クレイ・ジェンセン役

2017年3月末にNetflixで配信が始まって以降、話題のドラマ『13の理由』。

このドラマで、クレイ・ジェンセン役を演じているのは、俳優のディラン・ミネットです。

『13の理由』キャストたちと。

見覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんが、ディランは10年以上前から子役として様々な作品に登場していました。

そして、『13の理由』への出演で、さらに人気がアップしています。

スポンサーリンク

俳優ディラン・ミネットはどんな人?

プロフィール

  • 名前:ディラン・ミネット(Dylan Minnette)
  • 生年月日 / 年齢:1996年12月29日 / 20歳
  • 出身地:インディアナ州生まれ、イリノイ州&カリフォルニア州育ち
  • 身長:173cm

インディアナ州生まれのディランは、幼いころにイリノイ州に引っ越し、シカゴのタレントエージェントからスカウトされます。

そして、7歳から広告モデルや子役の活動を開始し、俳優業を優先するためにカリフォルニア州ロサンゼルスに引っ越しています。

幼いころのディラン・ミネット

有名な出演作

8歳でニコロデオン(子供向けチャンネル)の人気コメディ『ドレイク&ジョシュ』にも出演したディランは、『プリズン・ブレイク』で主役マイケル・スコフィールドの子供時代を演じています。

マイケル役のウェントワース・ミラーとディラン

その後、2007~2010年に放送された米ドラマ『女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中』のクレイ・ノーマン役でブレイク。

この役で、ディランは2008年にヤング・アーティスト・アワードを受賞。

ディランはその後もドラマや映画で活躍し、2010年の映画『モールス』のケニー役、ドラマ『LOST』のデヴィッド・シェパード役などでも高い評価を得て、2012年のドラマ『アウェイク 〜引き裂かれた現実』でもメインの登場人物レックスを演じています。

そして、2017年3月末に公開されたNetflixドラマ「13の理由」でクレイ・ジェンセンを演じて、さらに人気上昇中です。

音楽活動

子役時代からドラマや映画で活躍していたディランですが、友人たちとバンドを結成し、ボーカル&ギターも担当。

『The Feaver』や『The Narwhals』という名前で活動していたバンドは、最近『Wallows』になり、ファーストシングル「Pleaser」をリリースしました。

Wallowsの新曲「Pleaser」

The Narwhalsのころ

演技も歌も、楽器も色々出来てすごいですね。

俳優としてもミュージシャンとしても、今後のディラン・ミネットに注目したいと思います。

Netflix『13の理由』主要キャストのプロフィール&画像まとめ

まとめ

  • Netflixドラマ『13の理由』クレイ・ジェンセン役はディラン・ミネット
  • ディランは幼い頃から俳優活動をしていて、『プリズン・ブレイク』にも出演
  • ミステリー&ホラー系の作品に多く出演していて、音楽活動もしている

スポンサーリンク