俳優アレックス・ロウザーはどんな人?プロフィール&主な出演作♪

ドラマ『このサイテーな世界の終わり』でサイコパス少年ジェームス役を演じている、イギリス人俳優アレックス・ロウザー。プロフィールや映画・TVの主な出演作をまとめました。

スポンサーリンク

俳優アレックス・ロウザーはどんな人?

プロフィール

  • 名前:アレックス・ロウザー(Alex Lawther)
  • 生年月日 / 年齢:1995年5月4日 / 23歳
  • 出身地:イギリス・ハンプシャー
  • 身長:173cm

両親は弁護士。

兄・姉のいる3人兄弟の末っ子で、5歳年上の兄キャメロンは映画プロデューサー。

アレックスは子供のころから地元の劇団やナショナル・ユース・シアターで経験を積み、16歳のときにデヴィッド・ヘアーの舞台『South Downs』でプロの俳優デビュー。

高い評価を受け、その後、舞台や映画・ドラマなどに出演しています。

主な出演作

2014年映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

主人公アラン・チューリング(俳優ベネディクト・カンバーバッチ)の少年時代を演じ、ロンドン映画批評家協会賞でヤングパフォーマー賞を受賞しました。

2016年ドラマ『ブラックミラー』

シーズン3第3話「秘密/Shut Up and Dance」に出演。

2017年ドラマ『このサイテーな世界の終わり』

このドラマではサイコパス少年を演じましたが、実際のアレックスとはかけ離れたキャラクターだそうです~。

2017年ミニシリーズ『Howards End』

2018年映画『Freak Show』

2018年映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』

アンディ・ナイマンが監督・脚本・主演、マーティン・フリーマンも出演。

日本公開は、2018年7月21日です。

スポンサーリンク

恋人は…?

これまで、作品の中でLGBTQの役を何度か演じているアレックス・ロウザー。

2016年の映画「Departure」

しかし、私生活でどんな恋人がいるのかは不明♡

SNSをやっておらず、インタビューなどでも自身の恋愛観については語っていないようです~。

ドラマ『このサイテーな世界の終わり』キャストのプロフィール

まとめ

  • アレックス・ロウザーはイギリス出身の若手実力派俳優
  • 子供のころから演技を学び、10代後半から舞台・ドラマ・映画に出演
  • 映画『イミテーション・ゲーム』では主人公の少年時代を演じた

スポンサーリンク