ドラマ『レミゼラブル』コゼット役女優エリー・バンバーのプロフィール

英BBCドラマ『レ・ミゼラブル』でコゼット役を演じたのはイギリス人女優エリー・バンバー。どんな人なのか、プロフィールや有名な出演作、恋人などの情報をご紹介します♡

スポンサーリンク

エリー・バンバーのプロフィール

  • 名前:エリー・バンバー(Ellie Bamber)
  • 生年月日 / 年齢:1997年2月2日 / 23歳
  • 出身地:イギリス・サリー州
  • 身長:168cm

幼少期から演じることが好きで、学校の劇やミュージカルに参加。

2009年、12歳のときにロンドンで舞台デビュー。

その後も舞台や映画、ドラマなどに出演し、ファッションブランドのアンバサダーやモデルとしても活躍。

2015年の舞台『High Society』で英紙シアター・アワードの新人女優賞にノミネートされ、2017年の舞台『The Lady from the Sea』でイアン・チャールソン賞(30歳以下の優れた舞台俳優に贈られる賞)を受賞。

2017年にはカナダ人歌手ショーン・メンデスの曲『ホールディン・ミー・バック』のMVに出演しました。

エリーは過去にシンガー・ソングライターとしても活動、ハリー・ファノンさんとの音楽デュオ「Annoy the Boy」で曲もリリース。

ルーカスさんという弟がいて、インスタグラムにときどき登場します。

スポンサーリンク

有名な出演作

2012年、15歳のときにイギリスのドラマ『A Mother’s Son』でTVデビュー、2014年のイギリス映画『The Falling』でスクリーンデビュー。

2016年の映画『高慢と偏見とゾンビ』や『ノクターナル・アニマルズ』などで注目されました。

  • 2016年映画『高慢と偏見とゾンビ』
  • 2016年映画『ノクターナル・アニマルズ』

トム・フォード監督のサイコスリラー。

共演者はエイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーミー・ハマーら。

トム・フォード監督&キャストたち

この作品はさまざまな映画賞にノミネートされ、ヴェネツィア国際映画祭 審査員大賞などを受賞しました。

Netflix『ノクターナル・アニマルズ』

  • 2018年映画『くるみ割り人形と秘密の王国』

ディズニーのファンタジーアドベンチャー映画。

マッケンジー・フォイがクララ役、エリーはクララの姉ルイーズ役。

映画のプレミア

キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンらが出演しました。

映画『くるみ割り人形と秘密の王国』予告動画

  • 2019年ドラマ『レ・ミゼラブル』

イギリスBBCのミニシリーズ『レ・ミゼラブル』、全6話。

エリーは成長したコゼット役で後半の3話に出演しています。

日本では2020年3月にNHK総合で放送開始予定。

2019年にはイギリスのドラマ『The Trial of Christine Keeler(原題)』にも出演しました。

恋人はいる?

2017年夏に交際が発覚したのは、俳優リチャード・マッデン。

リチャードは1986年6月生まれで、エリーより11歳年上。

代表作は映画『シンデレラ』、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』 『ボディガード -守るべきもの-』など。

2人は2017年夏にキスしているところをパパラッチされ、2018年もデートが報じられていました。

しかし、2018年12月までに破局。

リチャードと破局後、新しい恋人は報道されていません♡

BBCドラマ レ・ミゼラブルのキャスト

BBCドラマ『レ・ミゼラブル』キャストのプロフィール

2020年3月14日

まとめ

  • エリー・バンバーはイギリス出身の女優、モデル、シンガー・ソングライター
  • 10代のころから舞台で活動し、映画やドラマにも出演
  • 有名な出演作はドラマ『レ・ミゼラブル』のほか、映画『高慢と偏見とゾンビ』『ノクターナル・アニマルズ』『くるみ割り人形と秘密の王国』など
  • 元恋人は俳優リチャード・マッデン、2017~18年に交際していた

スポンサーリンク