ボリス・ジョンソン首相の恋人はどんな人?結婚や子供は?

元ロンドン市長・英外相で現在はイギリスの首相を務めるボリス・ジョンソン氏。恋人&婚約者のキャリー・シモンズさんやジョンソン首相の結婚・子供などについてご紹介します♡

スポンサーリンク

恋人&婚約者キャリー・シモンズさんとは?

プロフィール

  • 名前:キャリー・シモンズ(Carrie Symonds)
  • 生年月日 / 年齢:1988年3月17日 / 32歳
  • 出身地:イギリス・ロンドン

*名前は「キャリー・サイモンズ」のカタカナ表記もあり。

1988年3月生まれ、ロンドン出身。

ジョンソン首相(1964年生まれ)より24歳年下です。

父マシューさんはジャーナリストで、イギリスの新聞インディペンデント紙の創設者の1人。

母ジョセフィンさんは弁護士です。

キャリーさんはウォーリック大学で美術史と舞台芸術学を専攻し、2009年に卒業しました。

2010年から保守党の広報として働き始め、2012年、ジョンソン氏のロンドン市長再選の選挙活動にも参加。

最年少で保守党の広報責任者を務めて2018年に退任、その後は海洋保全プロジェクトOceanaでPRを担当。

現在も環境保全活動や選挙で保守党のサポートをしています。

出会いや婚約のこと

2人の出会いは明らかになっていませんが、交際が始まったのは2018年だと報じられています。

2019年にジョンソン氏がイギリス首相に就任して官邸に入居した際、キャリーさんもパートナーとして一緒に移り住みました。

そして、2019年末に婚約していたことを2020年2月に公表。

キャリーさんの妊娠も発表しました。

2020年に息子が誕生

2020年4月29日に息子ウィルフレッド・ローリー・ニコラス(Wilfred Lawrie Nicholas Johnson)くんが誕生。

直前にはジョンソン首相がコロナウイルス感染で入院するなど色々大変でしたが、「ニコラス」という名前はそのときの担当医師にちなんでつけられたそうです。

スポンサーリンク

ジョンソン首相の結婚や元妻、子供は?

ジョンソン首相はこれまでに2回結婚、2番目の妻(2018年に別居を公表)との間に子供が4人。

2番目の妻マリナさんとの子供、婚約者キャリーさんとの子供以外に過去の交際相手との間にも子供がいるようですが、詳細についてジョンソン首相はコメントしていません。

  • 最初の妻:アレグラ・モスティン=オーウェン

1987年に結婚したのはアレグラ・モスティン=オーウェン(Allegra Mostyn-Owen)さん。

若い頃のジョンソン氏と元妻アレグラさん

アレグラさんとジョンソン氏はともにオックスフォード大学出身で、学生時代から交際。

1987年に23歳で結婚しましたが、1993年に離婚しました。

アレグラさんの父ウィリアムさんはイギリス人美術史家、母ガイアさんはイタリア人作家だそうです。

  • 2番目の妻:マリナ・ホイーラー

1993年に再婚したのはマリナ・ホイーラー(Marina Wheeler)さん。

マリナさんとジョンソン氏はともに1964年生まれ、子供の頃にベルギー・ブリュッセルに住んでいた時期があり、同じ学校に通っていたそう。

その後、大人になって再会し、1993年に結婚。

1993年に娘ララ(Lara Lettice)さん、1995年に息子マイロ(Milo Arthur)さん、1997年に娘カシア(Cassia Peaches)さん、1999年に息子セオドア(Theodore Apollo)さんが誕生。

ジョンソン氏と妻マリナさん、子供たち

(マリナさんの職業は法廷弁護士です。)

2018年、ジョンソン氏と妻マリナさんは別居を公表。

離婚を申請し、2020年2月に離婚調停が成立したと報じられました。

まとめ

  • ジョンソン氏の恋人は24歳年下のキャリー・シモンズさん、保守党の広報を担当していた
  • 2018年頃からジョンソン氏と交際、2019年末に婚約し、2020年4月にジョンソン氏との息子が誕生
  • ジョンソン氏は過去に2回結婚・離婚、元妻マリナさんとの間に子供が4人いる

スポンサーリンク