『ブラックパンサー』エムバク役の俳優ウィンストン・デュークとはプロフィール&出演作☆

映画『ブラックパンサー』でジャバリ族のリーダー、エムバクを演じた俳優ウィンストン・デューク。出身国や身長などのプロフィールや主な出演作をまとめました。

スポンサーリンク

映画『ブラックパンサー』エムバク役

ジャバリ族のリーダー、エムバク役を演じたのは、ウィンストン・デューク。

長身で何だか怖そうな感じですが、スクリーンの外ではチャーミング♡

気になる俳優ウィンストン・デュークのプロフィールや主な出演作をまとめました。

スポンサーリンク

俳優ウィンストン・デュークはどんな人?

プロフィール

  • 名前:ウィンストン・デューク(Winston Duke)
  • 生年月日 / 年齢:1986年11月15日 / 31歳
  • 出身地:トリニダード・トバゴ
  • 身長:196cm

ウィンストンは9歳のとき、母親・姉とともに米国ニューヨーク・ブルックリンに移住。

アメリカの映画やドラマに興味を持ち、高校生の頃から真剣に俳優を目指すようになったそうです。

バッファロー大学で演劇を学んだウィンストンは、イェール大学演劇大学院に進学。

「ブラックパンサー」で共演している女優ルピタ・ニョンゴ(ナキア役)とはイェール大学で知り合ったそうです。

(イェール大学時代、2012年の映画『アベンジャーズ』を一緒に鑑賞したというルピタとウィンストン!)

主な出演作

イェール大卒業後、ウィンストンはトリニダード・トバゴやアメリカの舞台・ドラマに出演。

2014~15年には、アメリカのドラマ『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』シーズン4にギャングの役で準レギュラー出演。

その後も、ドラマ『The Messengers』や『モダン・ファミリー』などに出ています。

そして、ウィンストンの映画デビュー作となったのが2018年公開の『ブラックパンサー』。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも出演しています。

恋人・結婚は?

インスタグラムの投稿によると、ウィンストンにはアジア系の恋人(白人とアジア人のハーフらしい)がいたようですが、現在も交際しているかは不明。

これまでに、大手ゴシップサイトがウィンストンの交際相手や結婚について報じたことはないようです。

今後の活躍が楽しみです~☆

映画『ブラックパンサー』キャスト☆俳優&女優のプロフィールまとめ

まとめ

  • 映画『ブラックパンサー』エムバク役はウィンストン・デューク
  • ウィンストンはトリニダード・トバゴ出身の俳優で映画初出演
  • イェール大学演劇大学院卒業後、複数のドラマに出ている

スポンサーリンク