ジョン・レジェンドの本名やヒット曲は?グラミー賞&アカデミー賞も受賞♪

シンガーソングライター、ピアニスト、音楽プロデューサー、俳優など幅広く活躍するジョン・レジェンド。本名や「レジェンド」になった理由、ヒット曲・代表曲をまとめました。

スポンサーリンク

ジョン・レジェンドの本名は?

本名はジョン・スティーブンス

1978年12月生まれ、アメリカ・オハイオ州出身のジョン・レジェンド。

本名はジョン・ロジャー・スティーブンス(John Roger Stephens)です。

「レジェンド」になった理由は?

ジョン・レジェンドはもともと、本名の「ジョン・スティーブンス」として活動。

幼少期から教会で歌い、ピアノを習得、学業も優秀でペンシルベニア大学に進学、学生アカペラ・グループに所属してミュージカル・ディレクターも務めていました。

大学卒業後は経営コンサルタントとして働きながら、ナイトクラブなどでパフォーマンス。

「ジョン・レジェンド」と名乗るようになったのは、友人がきっかけ。

友人たちがジョンのことを「レジェンド」というニックネームで呼ぶようになり、それがステージネームになったそうです。

スポンサーリンク

ヒット曲&代表曲・受賞歴

ジョン・レジェンドは2004年にデビュー。

この年にシングル「Used to Love U」、アルバム「Get Lifted(全米4位)」をリリースしました。

国際的なヒットを記録したのは2013年リリースの「All of Me」。

この曲で自身初の全米1位を記録し、ビルボード・ミュージック・アワードの最優秀楽曲賞にノミネートされました。

2016年までにグラミー賞10冠、アカデミー賞も受賞しています。

【グラミー賞受賞歴】

  • ジョン・レジェンド 第48回(2006年) 最優秀新人賞
  • 「Get Lifted」第48回(2006年) 最優秀R&Bアルバム賞
  • Ordinary People第48回(2006年) 最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞

  • Heaven第49回(2007年) 最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
  • *「Family Affair」第49回(2007年) 最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ

*ジョス・ストーン、ヴァン・ハントと歌ったスライ&ザ・ファミリー・ストーンのカバー曲。

  • **「Stay With Me (By the Sea)」第51回(2009年) 最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ

**アル・グリーンのアルバム「Lay It Down」収録曲、ジョンがフィーチャリングで参加。

  • ***Shine第53回(2011年) 最優秀R&Bソング
  • ***Hang On In There第53回(2011年) 最優秀トラディショナルR&Bヴォーカルパフォーマンス

***ヒップホップバンド The Rootsとのコラボ曲、コラボアルバム「Wake Up!」に収録。

  • 「Wake Up!」第53回(2011年) 最優秀R&Bアルバム

ヒップホップバンド The Rootsとのコラボアルバム。

  • Glory第58回(2016年) ビジュアルメディア歌曲賞

ラッパーのコモンとのコラボで映画『グローリー/明日への行進』主題歌。

【アカデミー賞受賞歴】

コモンとのコラボ「Glory」は第87回(2015年)アカデミー賞歌曲賞も受賞しました。

「Glory」は他にゴールデングローブ賞主題歌賞、 放送映画批評家協会歌曲賞、アフリカン・アメリカン映画批評家協会音楽賞なども受賞しています。

また、ジョン・レジェンドは2016年の映画『ラ・ラ・ランド』に俳優として出演、2017年の実写版『美女と野獣』ではアリアナ・グランデと主題歌を歌いました。

2018年にはクリスマス・アルバム「A Legendary Christmas」をリリース、ビルボードのホリデイ・アルバム・チャートで1位を記録しています。

今後の活躍も楽しみですね♪

ジョン・レジェンド,妻,出会い

ジョン・レジェンド&妻クリッシーの出会いや子供の名前は?

2019年2月2日

まとめ

  • ジョン・レジェンドの本名はジョン・スティーブンス
  • 2013年の曲「All of Me」で全米1位を記録
  • 2016年までにグラミー賞10冠、アカデミー賞も受賞

スポンサーリンク