マット・デイモンの若い頃がかわいい♡恋人や結婚・妻、子供は?

現在もかわいいマット・デイモン。若い頃の画像や恋人、結婚・妻・子供のことなどをまとめました。

スポンサーリンク

マット・デイモンの若い頃がかわいい♡

1970年10月生まれ、アメリカ・マサチューセッツ州出身のマット・デイモン。

1988年にハーバード大学に入学し、学生劇などに参加、同年公開の映画『ミスティック・ピザ』の端役でスクリーンデビューしました。

  • 1988年映画『ミスティック・ピザ』

映画公開時、18歳。

その後もテレビや映画のエキストラ・端役を経て、1992年の映画『青春の輝き』に主要な役で出演。

  • 1992年映画『青春の輝き』

ハーバード大学を中退し、俳優としての成功を目指すようになりました。

1996年、デンゼル・ワシントン&メグ・ライアン主演の映画『戦火の勇気』に出演。

  • 1996年映画『戦火の勇気』

1997年の映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』に主演、ベン・アフレックと脚本を共同執筆。

  • 1997年映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、脚本賞を受賞しました。

マット・デイモン&ベン・アフレック

共演したロビン・ウィリアムズは、アカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

1998年は映画『プライベート・ライアン』に出演、1999年は『リプリー』に主演。

2000年以降、主役級俳優として数多くの作品に出演し、プロデューサーや脚本家としても活躍しています。

  • 2001年映画『オーシャンズ11』

  • 2002年映画『ボーン・アイデンティティー』

  • 2006年映画『ディパーテッド』

2007年には、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの星を授与されました。

2009年の映画『インビクタス/負けざる者たち』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、2015年の映画『オデッセイ』でアカデミー賞主演男優賞にノミネート。

2016年の映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』にはプロデューサーとして携わり、この作品はアカデミー賞作品賞にノミネートされました。

スポンサーリンク

恋人や結婚・妻・子供のこと

マット・デイモンは1996~97年、映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の共演女優ミニー・ドライバーと交際。

元恋人ミニー・ドライバー

1997~2000年には、女優ウィノナ・ライダーと交際していました。

元恋人ウィノナ・ライダー

マットは2005年12月、35歳のときにルシアナ・ボザン・バロッソさんと結婚。

マットと妻ルシアナさん

ルシアナ(Luciana Bozán Barroso)さんは1976年生まれ、アルゼンチン出身。

マットより6歳年下です。

アメリカ・フロリダ州マイアミのバーで働いていて、同地で映画『ふたりにクギづけ(2003年公開)』撮影中だったマットと出会ったそうです。

マットとルシアナさんには、子供(娘)が4人。

  • アレクシアさん // 1998年生まれ(ルシアナさんと元夫との間に誕生)
  • イザベラさん // 2006年生まれ
  • ジアさん // 2008年生まれ
  • ステラさん // 2010年生まれ

子供たちの写真は公開されていませんが、家族で出かける姿やベン・アフレック一家と過ごす姿などが目撃されています。

まとめ

  • マット・デイモンはハーバード大学在学中の1988年に俳優デビュー
  • 1997年の映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー賞主演男優賞にノミネート
  • 元恋人は女優ミニー・ドライバー、ウィノナ・ライダー
  • 2005年にアルゼンチン人のルシアナ・ボザン・バロッソさんと結婚、ルシアナさんの連れ子をあわせて4人の娘がいる

スポンサーリンク