カトリーヌ・ドヌーヴの現在や最近の出演作は?『シェルブールの雨傘』女優

1964年の映画『シェルブールの雨傘』主演女優カトリーヌドヌーヴ。現在について、最近の出演作や結婚・子供のことなどをまとめました。

スポンサーリンク

カトリーヌ・ドヌーヴの現在は?

1943年10月22日生まれ、フランス・パリ出身のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)。

1957年に女優デビューし、モデルとしても活動。

1964年の映画『シェルブールの雨傘』主人公ジュヌヴィエーヴ役を演じ、国際的にブレイク。

1965年のイギリス映画『反撥』や1967年のフランス映画『ロシュフォールの恋人たち』にも主演。

1967年の映画『昼顔』では、英国アカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

カトリーヌ・ドヌーヴは、現在も女優として活躍中。

これまでセザール賞に10回以上ノミネートされ、映画『終電車(1980年)』『インドシナ(1992年)』で主演女優賞を受賞。

1992年の映画『インドシナ』では、アカデミー賞主演女優賞にもノミネート。

1998年の映画『ヴァンドーム広場』でヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞。

最近は、2015年の映画『神様メール』や2017年の映画『ホテル・ファデットへようこそ』に主要な役で出演。

2019年、是枝裕和監督の映画『真実』に主演。

2019年11月、映画『愛する人に伝える言葉』の撮影中に軽度の脳卒中を起こしてパリの病院に入院したことが報じられましたが、年内に退院。

2021年、映画『愛する人に伝える言葉』が公開。

2022年、映画『Habib, la grande aventure』に本人役で出演。

2022年、ヴェネツィア国際映画祭の生涯功労賞を受賞。

2023年公開予定の伝記映画『Bernadette(La tortue)』にフランスの元首相ジャック・シラク氏の妻ベルナデットさん役で主演予定。

私生活では、これまでに1回結婚・離婚。

元恋人との間に息子と娘がいます。

スポンサーリンク

最近の主な出演作品

  • 2015年映画『神様メール』
  • 2017年映画『ホテル・ファデットへようこそ』
  • 2019年映画『真実』

是枝裕和監督のドラマ映画。

カトリーヌがフランス人大女優ファビエンヌ役で主演。

娘リュミール役は、女優ジュリエット・ビノシュ

イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエらと共演しました。

  • 2020年映画『Terrible Jungle』
  • 2021年映画『愛する人に伝える言葉』

エマニュエル・ベルコ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ&ブノワ・マジメル主演のフランスのドラマ映画。

フランス語タイトルは「De son vivant」、英題は「Peaceful」。

ブノワ・マジメルはこの作品で、リュミエール賞とセザール賞の主演男優賞を受賞しました。

  • 2022年映画『Habib, la grande aventure』
  • 2023年公開予定映画『Bernadette(La tortue)』

結婚や夫・恋人、子供のこと♡

カトリーヌ・ドヌーヴは、これまでに1回結婚・離婚。

  • 元夫:デイビッド・ベイリー(David Bailey)// 1965年結婚・1972年離婚

1965年、イギリス人写真家のデイビッド・ベイリーさんと結婚しますが、1967年に別居、1972年に離婚。

元恋人でフランス人映画監督のロジェ・ヴァディムさんとの間に息子が1人、イタリア人俳優マルチェロ・マストロヤンニさんとの間に娘が1人います。

  • 息子:クリスチャン・ヴァディム(Christian Vadim) // 1963年生まれ(父:ロジェ・ヴァディム)
  • 娘:キアラ・マストロヤンニ(Chiara Mastroianni) // 1972年生まれ(父マルチェロ・マストロヤンニ)

クリスチャンさん、キアラさんともにフランスの作品などで俳優・女優として活躍中。

2023年5月のカンヌ国際映画祭では娘キアラさんが司会を務め、カトリーヌも開幕式に登場しました。

現在、カトリーヌにオープンに交際している恋人はいません♡

カトリーヌ・ドヌーヴの結婚や夫、子供のこと♡

まとめ

  • カトリーヌ・ドヌーヴは現在も女優として活躍中。
  • 最近の出演作は映画『真実』『愛する人に伝える言葉』など。
  • 2022年にヴェネツィア国際映画祭の生涯功労賞を受賞。
  • これまでに1回結婚・離婚し、元恋人との間に息子と娘がいる。
スポンサーリンク