『ファンタビ』カラム・ターナーはどんな人?出演作や恋人は?

2018年の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でニュートの兄テセウス・スキャマンダー役を演じたのは、イギリス人俳優カラム・ターナー。プロフィールや有名な出演作、恋人などの情報をまとめました。

スポンサーリンク

『ファンタビ』テセウス・スキャマンダー役

ニュートの兄テセウス・スキャマンダー役を演じたのはイギリス人俳優カラム・ターナー。

実年齢はエディ・レッドメインが8歳年上です。

この記事では、カラム・ターナーのプロフィールや有名な出演作、恋人などの情報をまとめています。

スポンサーリンク

俳優カラム・ターナーはどんな人?

プロフィール

  • 名前:カラム・ターナー(Callum Turner)
  • 生年月日 / 年齢:1990年2月15日 / 28歳
  • 出身地:イギリス・ロンドン
  • 身長:187cm

ロンドン・チェルシー地区出身。

シングルマザーの家庭で育ち、公営住宅に住んでいたそう。

母親はクラブのプロモーター。

カラムはサッカー少年で、チェルシーFCの大ファンだそうです。

プロのサッカー選手を目指していた時期もあったようですが、モデル・俳優として活動することになります。

有名な出演作

17歳のころ、母親の知人スタイリストの紹介でモデルの仕事をすることに。

19歳までにはアメリカやイタリア、日本に滞在するなど、国際的に活動していたそう。

これまでに、リーボックやバーバリーなどのキャンペーンモデルも務めています。

2010年、20歳のころからは俳優としても活動。

友人がタレント・エージェントに紹介してくれたそうです。

短編映画や舞台、ドラマに出演し、2014年の映画『クイーン・アンド・カントリー(日本劇場未公開)』に主演して注目されました。

  • 2014年映画『クイーン・アンド・カントリー』


2014年には英国アカデミー賞ブレイクスルー・ブリッツの1人に選出されています。

その後も、映画『グリーンルーム』『ヴィクター・フランケンシュタイン』『アサシン クリード』などに出演。

ドラマは、『Glue』や『War & Peace / 戦争と平和』などに出ています。

2017年には映画『さよなら、僕のマンハッタン』に主演し、ケイト・ベッキンセイルやピアース・ブロスナンと共演。

  • 2017年映画『さよなら、僕のマンハッタン』

映画『さよなら、僕のマンハッタン』予告動画

そして、2018年の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ではニュートの兄テセウス・スキャマンダー役を演じ、注目度はさらに上昇中♡

今後、BBCのスリラードラマ『The Capture』に出ることも発表されています。

恋人は?

カラムの恋人はイギリス人女優ヴァネッサ・カービー。

2人は2014年の映画『クイーン・アンド・カントリー』で共演しました。

ヴァネッサは近年、Netflixドラマ『ザ・クラウン』や映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』などに出演。

注目の若手女優の1人です。

カラムとヴァネッサはひっそり交際していますが、雑誌のインタビューなどで交際を認めています。

『ファンタビと黒い魔法使いの誕生』メインキャストのプロフィール一覧

2018.11.21

まとめ

  • カラム・ターナーはイギリス・ロンドン出身のモデル&俳優
  • 2017年の映画『さよなら、僕のマンハッタン』に主演
  • 恋人はイギリス人女優ヴァネッサ・カービー

スポンサーリンク